コンテンツ文化史学会2017

この研究は「顔」において、非オタクはキャラクター顔の造形に慣れていないので、魅力の評価をしにくいと感じる可能性があるのではないか、という話です。非オタクが漫画やアニメを見下すとか、そういう話ではありません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

学会発表きろく

ポスターと配布資料 法政大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻 博士後期課程 per.xmx.vib (a) gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。