お客さんとのコミュニケーションツール

こんにちは!髙木咲希(ぎっさん)です!

今日はお客さんとのコミュニケーションツールとして最近取り入れようと考えているLINE@(http://at.line.me/jp/というサービスについて紹介させて頂きます。

現状お試し段階なので大きな声ですすめられるに至ってはないのですが、実際どうだったかという話はまたおいおい書くとして、導入の経緯等を共有させていただきたいなぁと思います!


http://at.line.me/jp/

LINE@は、ビジネスや情報発信に活用できる会社・事業者向けのLINEアカウントです。企業、ブランド、商品の魅力をお客様に発信するためのさまざまな機能が備わっています。 - ホームページより


コミュニケーションツール導入の目的

まずどんな仕事かという前提の話をしますと、私の実家である税理士事務所の話です。

お客さんから必要な書類を集めて、提出する書類を作成するというような業務の中で定型業務にあたるものが多かったのでこのやり取りを効率か出来ないかなと考えたのが導入検討のきっかけです。

また、個人がお客さんと直接連絡を取り合っているのでその様子が社内で共有されていない点も改善したいなとも考えていました。

提出する書類を作成する上で複数人が協力して行っていたので、それぞれの進捗が見えた方が気を回し合えるだろうと感じています。

お客さんとのやり取りも進捗を図る上で1つの元になるので、公開していくことでそれぞれの動きが変わってくるといいなというのを期待をしています。

まとめると、導入することで「定形業務の効率化」「コミュニケーションの脱属人化」を図りたいと考えています。


解決方法

「定形業務の効率化」について

メッセージ一斉配信機能というものがあり、複数の顧客に同じ内容の一括で送信することが可能です。

今までそれぞれの顧客に送っていたものが一括で送信出来るようになりますし、送った内容が履歴として残っているので毎月、毎年同じような内容を送ってい業務も楽になるのではないかと感じています。

キーワード応答メッセージという機能を利用すると、特定のキーワードを入力した際に自動で特定のメッセージ送信してくれるのですがこれを活用するとより個人が行う作業が減らせるのではないかと模索しています。


「コミュニケーションの脱属人化」について

企業アカウントにはその管理者として社員を複数名登録することが出来ます。これにより顧客と企業の間でどういった会話が行われいるのかを確認することが出来るようになります。


なぜLINE@をセレクトしたのか

現状、業務連絡をLINEを用いて行っていたこともあり、他のチャットツールと比較するとお客さんが気軽に使い始められるので手軽だなと感じていました。

また、今回利用しようとした機能が無料で使える範囲であったことも決め手になりました。

そういった導入障壁の低さからLINE@を候補として考えました。

新しいツールを導入する上で共通する話ですが、実際使ってみないと分からないことも多いので、気軽に始められて、気軽に辞められるものが良いかなと感じています。



中途半端ですが今回はこの辺で。

引き続き進捗があれば共有していこうと思います!

では〜。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポートして頂ける方がいらっしゃれば 「業務ハック」や「業務ハッカー」をSNSを通して 広げて頂けると、とても嬉しいです!! 勿論このnoteをシェア頂けるのもとっても有り難いです(^^)

スキに励まされて更新してます!ありがとうございます♡
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。