外部の業務ハッカーに業務改善を依頼するメリット

今日は外部の業務ハッカーに業務改善を依頼するメリットについて書いていきたいと思います。

私はSonicGardenに属しているので勿論弊社をおすすめしたいところですが、今回は弊社に限った話しではなく「自社内の人材ではなく、様々な企業が提供している業務改善のサービスを活用する意義」という意味で考えていきたいと思います。

* * *


「業務改善のサービス」とはどんな企業か提供しているのかというと大きく分けて「システム開発会社」「コンサル会社」の2つの文脈があります。

弊社であれば「システム開発会社」に主軸があり「IT顧問」としてお客さんのITに関する相談はなんでも受けていいるのでコンサルの要素も含んでいるという位置づけです。

以前このnoteで『できる税理士は知っている これならうまくいくクラウド会計』という書籍紹介させて頂きました。


この書籍内に登場する税理士事務所は、ITの活用が得意で「経営戦略」のコンサルを主軸にシステム導入のサポートも担ってくれるような会社さんだと思います。

経営方針と業務の進め方は切り離せないので、コンサルをするということは結果的に業務改善のサービスを提供していることに繋がるのだろうなぁと感じています。


前置きが長くなりましたが、様々な業界に属する企業がそれぞれの知見を持って「業務改善」をサービスとして提供しているといことを知ってもらいたいなと思い書きました。


* * *


本題に戻って「自社内の人材ではなく、様々な企業が提供している業務改善のサービスを活用する意義」について話ていきます。

想像し易いところでは下の様な点があげられます。

・自社の人材を業務改善にあてなくて良いので、既に忙し過ぎて改善活動に人材を避けないない場合助かる

・様々な企業の業務改善を行なってきているので知見が豊富


* * *


ここからは私が業務ハッカーとしてお客さんに関わる中で得た気づきです。

弊社はリモートワークを前提とした働き方をしています。社員は全国各地に散らばっていますし、当然お客さん企業の所在地と担当するエンジニアの住む場所は遠く離れている場合があります。

福岡で働くエンジニアが大阪のお客さんを担当してたり、富山のエンジニアが福岡のお客さんを担当していたり、様々な地域にエンジニアやお客さんがいらっしゃいます。

テレビ会議やクラウドサービスを活用し、コミュニケーションや資料の展開を行うことでリモートで進めることを可能にしているのですが、よく考えるとこの取組をお客さんも行えているといのは凄いことだと思います。

リモートワークをしたいと相談に来たわけではないお客さんに、リモートワークに必要な環境がどういったものかというのを伝えられているという状態です。


「意義」という話に戻すと、社外でのパートナーを持つと相手方の文化が入ってくることにより「業務の進め方」ひいては「働き方」に関しする視野がぐっと広がるという点があると感じました。


余談ですが、そうであるならば業務改善サービスを提供する企業を探す際は、その企業の「働き方」に共感持てるかというのも1つの視点に入れると良いのかもしれません。

* * *


「ITに強い、税理士」という探し方でも業務改善の相談役を見つけることが可能だというのは少し意外ではないでしょうか?

実際にサービスを受けたことがあるわけではないのでその評価は出来ませんが、パートナーになる企業としては相性も大事だと思うので、この企業が絶体的に優れているということは無いのだろうなと思います。

ということを踏まえて、今後弊社のサービスも紹介していきたいですし、どういった文脈で探すとどんな特色をもった業務改善のサービスと出会えるのかというのも紹介していきたいなぁと思いました。

調査してみて良い情報が得られれば共有していきたいと思います!では〜。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポートして頂ける方がいらっしゃれば 「業務ハック」や「業務ハッカー」をSNSを通して 広げて頂けると、とても嬉しいです!! 勿論このnoteをシェア頂けるのもとっても有り難いです(^^)

スキ♡ありがとうございます(^^) これからも頑張ります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。