広域連携、スポーツと政治、泥仕合、DMO〜日本の100マイルレースの未来

2017年10月発売号『RUN + TRAIL Vol.27 さあ、100マイルの旅に出よう。』の中で掲載した「日本の100マイルレース誕生と未来」を加筆修正して再掲載します。

 国内で100マイルレースと言えば真っ先にUTMF(ウルトラ・トレイル・マウント・フジ)を思い浮かべる人は多いだろう。2011年の東日本大震災の影響もあって開催は2012年5月になるわけだが、そのおよそ1年前の2011年7月、日本”初"100マイルレースが開催されている。「OSJ ONTAKE 100」(開催当時「OSJおんたけウルトラトレイル」)だ。

ー日本”初"100マイルレースの裏側 
 開催経緯について、主催している有限会社パワースポーツの滝川次郎さんはこう話す。

「ずっとやりたいと考えて進めていたわけではなく、UTMFが震災のため延期になったというのもありました。100マイル開催を期待している人も多かったので、うちがやろう、と」

 それまで長野県王滝村を舞台にした「OSJおんたけウルトラトレイル100km」を開催していた。100マイルにするには「100kmに20kmを3つ加えただけ」と滝川さん。許可申請など森林管理署と村の行政範囲の中ででき、100マイルを取りやすい立地条件だったこともあって、準備期間もさほど必要なかったようだ。

 2007年にUTMBに初出場した鏑木毅さんが、心身ともに打ちのめされたと同時に「いつか日本で100マイルレースを!」と強く思ったこと、富士山とその周辺を飛行機に乗っている時に見て、インスピレーションを受けた話など、UTMF誕生秘話は各所で語られているが、そのUTMFの第1回大会の延期が滝川さんをその気にさせたようだった。

ー君は「ハコネ」を知っているか?
 さて、“箱根"を舞台に50kmのトレイルレースが行われたことを知っているだろうか? 『OSJハコネ50K』だ。もう10年も前の話になる。日本の100マイルレースの前夜とも言われる「ハコネ」、とりわけ2007年以前の動きから当時のことをよく知る㈱ゴールドウインの三浦務さんに話を伺い紐解いてみた。 

「2007年以前の国内において、7月のキタタンと10月のハセツネくらいがロングトレイルレースでした。別の見方をすると、そんな小さいなパイの中で選手も、メーカーも、メディアも一喜一憂していました。それに危機感を覚えていたんです。このままではマーケットが大きくならないなって」

 第1回UTMB(2003年)前後からシャモニーを訪れていた三浦さんは、トレイルランニングというスポーツの持つポテンシャルの高さを目の当たりにし、100kmのレース開催を考え始める。相談を持ちかけたのは既に「OSJシリーズ」としてレース開催を手がけていた前出の滝川次郎さんだ。

「滝川さんに出した条件は3つでした。100km、首都圏から日帰り可能、そして、誰もが聞いてすぐに分かる地名の知名度の高さです。100kmは難しいけど、残り2つを叶える場所ならあるよ、と。それが『箱根』でした」

 3年あまりの準備期間を経て、2007年5月『OSJハコネ50K』が開催。参加者は1000名を超えた。

 コースは箱根湯本をスタートし、箱根外輪山を反時計回りに進む。箱根最高峰の神山を登頂し、早雲山から強羅の町並みを経て、シャモニーの出迎えを意識した演出を施した「箱根彫刻の森美術館」でフィニッシュ。総距離55kmを完走したのは68%だった。

ーなぜ、「ハコネ」がUTMFにつながっているのか?

「『OSJハコネ50K』の優勝者にはその年のUTMBへの参加招待をつけていたんです。世界に繋がるという夢と、日本のトップランナーでもそこそこやれるんじゃないか? という期待も込めて。ところが……ですよ(笑)」

 優勝したのは、男子は鏑木毅、女子は間瀬ちがや。”そこそこやれる"という三浦さんの期待は崩れる。全く歯が立たなかったのだ。

「2人とも距離を重ねるたびにボロボロになっていくんです。コテンパにやられるってこういうことかってくらいに。罪悪感というか、とんでもないレースに連れてきてしまったと申し訳ない気持ちで心を痛めました(笑)」

 ところが、この経験が「いつか日本で100マイルレースを!」と強く思う気持ちを芽生えさせ、5年後のUTMF開催の初期衝動となる。「ハコネ」がなかったらUTMFはなかったかもしれないのだ。

ー100マイルレース開催は、なぜ難しいのか?
 国土の7割が山域という環境条件、地域活性という追い風などここ数年のトレイルレースの数は500を超えるとも言われ、雨後の筍のように増えている。

 このムードは海外レースにおいても色濃く、次々と100マイルレースが生まれ、SNSの助けもあって、ローカルな100マイルレースも発掘されてきている。しかし国内において、100マイルともなると指で数えるほどだ。なぜなのだろう? 

 2013年に100マイルレース開催を発表しておきながら、一転中止となった「石鎚ウルトラトレイル」を事例に、100マイルの難しさを探ってみた。

 愛媛県西条市は2013年、石鎚山で100マイルのトレイルランニングレース「石鎚ウルトラトレイル」を2014年に計画していることを発表した。NHKのニュースでも報道されたことで、コアなファンを中心に大きな関心を得ることとなった。

 企画され始めたのは2011年頃。合併10周年記念事業の一つとして「実行委員会」が組織され、平成25年度(2013年度)一般会計において予算500万円もつき、当時の伊藤市長もメインイベントに掲げるほど前向きに計画が進行していた。

 しかし、2013年9月、同年秋のプレ大会と14年10月の本大会とも中止と発表。公式コメントでは「市議会が問題視する参加者の安全確保や自然保護などで十分な対策準備ができておらず、日程が間に合わないと判断した」となっている。

 そこで、開催に向けて中心的に動いていた同市の産業経済部観光振興課に話を聞くと「広域連携」というキーワードが浮かんできた。

ー「広域連携」という新たな課題
 UTMFのコースは2県11市町村が関わる。2回で終わってしまった八ヶ岳スーパートレイルレースでも2県10市町村にまたがる。

 これほどまでではないが広域になるのは石鎚山でも同じで、市町村をまたぐ行政側の”調整"という視点だけでなく、安全面を担保する誘導や緊急時の消防の配置、ボランティア含めた運営上の膨大なマンパワー、事前のコース整備、悪天候の際の代替案と運営オペレーションなど、広域であるからこその難題が100マイルレースにはセットで付いてくる。

「10市町村にわたってとなると大変ですよ。どこが受益者になるかって難しいじゃないですか。通るだけの市町村だとなかなか価値って見出せないでしょうし」(滝川さん)
「広域になればなるほど様々な立場の人が複雑に絡みますから、政治力や行政力も含めた力学がどうしても働いてしまいますし、そもそも一つのスポーツで隣接した市町村が一緒になって助力するという経験値が絶対的に少ないんです」(三浦さん)

 中止となった西条市では現在、石鎚山系に係る効果的な事業実施を行うため、西条市、久万高原町、いの町の1市2町が「石鎚山系の魅力発信及び持続可能な資源とする事業」と呼ぶ連携した取り組みを昨年からスタートさせた。

 つまり、地域資源を活用するための「広域連携」をようやく模索し始めたところだ。100マイルレースには、行政の従来の枠組みでは対応しきれない点が多々内包されていると言える。

ースポーツと政治
 これは難しいテーマであるが、ここを書かないといけない衝動にかられる。本質的にはスポーツと政治は切り離して考えるべきだ!との言説は多くの人の共感を得ることだろう。しかし、難しいと言わざるを得ないのが現状だ。

  2012年11月「石鎚ウルトラトレイル」を推進していた伊藤市長はわずか122票差の僅差で破れる。新市長に就任した元県議の青野勝氏も継続を約束するも、夏の議会で一転中止となる。反青野派が同レースを政争の具に利用したと見る関係者もいたほどだ。

 その後の2016年、青野氏は元県議の玉井敏久氏に敗れる。この一連の政治の動きをメディアは「泥仕合の愛媛『西条市長選』」と書き立てた。

 首長が変わると話がガラッと変わる、行政の担当者が変わると雲行きが怪しくなる。何もトレイルレースに限らず、個々の政策に政治の力関係が働くことは日常茶飯事だ。具体的な大会名の明言は避けるが。

 アウトドアスポーツは、会社でもなく、家庭でもない“第3の場所”と捉えて愛好している人が多く、日常を離れ、非日常を体験することこそが醍醐味であり、そこに政治や行政の生々しい”現実”を見せられる事に違和感を抱く人も多いことだろう。

 しかし、オリンピックに限らず国際大会も全て政治や行政なしでは開催されない。100マイルだけでなく、多くのトレイルレースに地元の協力が不可欠であるのは言うまでもなく、レース主催者には政治や行政をその気にさせる”高度な”マネージメント力が現実的な必須要件になってくる。

 参加者も含めたトレイルランニング全体として、本来、切り離して考えたいユートピアは存在しないのかもしれないと、そろそろ考える段階に入っている気がする。

ー国内100マイルの可能性
 少々現実的すぎる話が続いたが、今後、100マイルレースは増えていくのだろうか? その可能性として2つの事例をご紹介したい。一つは「KOUMI 100」と「阿蘇ラウンドトレイル(ART)」だ。

「KOUMIは完成度高いです」と話すのは滝川さん。八ヶ岳東部小海町松原湖周辺に設けられた32kmを5周回する。ハワイの人気100マイルレース「HURT100」のさながら日本版だ。

「八ヶ岳では10市町村を使っていたけれど、KOUMIは小海町だけです。もうね、労力がぜんぜん違う(笑)。コース誘導を町に頼んでいないくらいで、地元の負担も少ないし、たくさん来て泊まってくれて、多い人だと3泊。観戦しやすく設計しているから仲間や家族が来て、宿泊者はさらに増えるし、食事もお土産もね。そうすると地元にお金も落ちます。いろんな意味でKOUMIが日本に合った100マイルじゃないですかね」

 周回しての100マイルの選手側のメリットもある。安全面が確保され、観戦のしやすさでモチベーション維持に役立ち、ペース配分も分かりやすく、周回特有のメンタルも鍛えられる。運営面、地元負担、選手と観戦。KOUMIスタイルが今後増えていくかもしれない。

ー阿蘇の持つ世界有数のポテンシャルと連携力
 2017年に第1回大会が開催された「阿蘇ラウンドトレイル(ART)」は次の100マイルレース誕生の最右翼と言える。昨年の震災の影響もあって距離が109kmでの開催ではあったが、100マイルのコースは出来ているという。そして大きな課題である「広域連携」も既に組織化されているのだ。

「阿蘇エリアは4市町村にまたがっていて、広域行政事務組合という組織で以前から横の連携を取っています」と話すのは阿蘇市観光協会の事務局長の松永辰博さん。

「阿蘇は、観光客からすればそこが何市か、何町かって関係ないじゃないですか。エリアをまたがった広域連携をもっと深めていきたいです」観光協会としてARTに携わり、広域行政事務組合の繋がりを強くする意義を感じたという。

 世界有数のカルデラを使った100マイルコースを持つポテンシャルと行政の広域連携という二枚看板を併せ持つARTの大会実行委員長の高木智史さんはこう言う。

「100マイル化は以前から考えていて、コースもほぼできているんですが、地元の理解をきちっとやりたいっていうのと、震災の影響もあって、阿蘇の交通事情が回復したらって考えています。早ければ2年後ですかね」

 地元の理解と協力とは政治や行政の巻き込みをも意味する。観光庁が推進する観光地域づくりの舵取り役「DMO」はまさに県市区町村の戦略的広域連携という新たな発想であり、縦割りではなく横串しで物事を考えることが地域の掘り起こしの鍵を握っていると言える。

 もし、ポジティブな捉え方をするのならば、100マイルレースという新しいスポーツが、現在の観光行政の形態を変えようとしているのかもしれない。

 確かに面倒な現実もあり、そこに関わらずにもっと自由でいたいと考える人も多いだろう。しかし、社会課題の解決に役立つこともスポーツの持つ大切な意義でもある。トレイルランニングには、100マイルには、その力があると信じたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18

Yamada Hiroshi

RUN+TRAIL 再掲シリーズ

トレイルランニング専門雑誌『RUN+TRAIL』にて担当してきたこれまでの記事の中から、編集部の許可を得て加筆修正を加えて再掲するシリーズ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。