見出し画像

3歳児以下の子供を持つ父親の夜の外出を法律で禁止してほしい

旦那が夜ご飯を食べに行ったきり
帰ってこなかった。

出かけた時間からして、
22時半には帰ると思っていたのに
時計は24時をさそうとしていて、

夜になると泣き止まなくなる息子を2時間抱き、
あやし続けた私の腕も肩も手首も腰も集中力も限界だった。

そろそろ旦那と交代しないと
精神的な死を迎えてしまうと思い限界ギリギリで、

そして、もうそろそろ
旦那は家の近くまで帰って来ているはずと思って

「どこ!?」と連絡すると、
「二軒目に来てしまった」と返事がきた。

うわぁ、出たよ、世の中の産後の妻が
旦那を殺したい瞬間第一位のあれだよ〜(T_T)

古の昔からツイッターで
「子供のいる男を飲みに誘うな」って
警告されてるのになんで~(T_T)(T_T)(T_T)

産後、自分も子供も家から出れない期間に
旦那が自由というだけで
不公平感を感じざるを得ないのに、

人付き合いを優先されると、キレたくなるよね。

ここで「旦那、死ね」と思うのは簡単だけど、

実際旦那が死んだら一番悲しいのは私だし、
「死ね」はなんの解決にもならないと思って
話を聞いてみたら、

結論、誰も悪くなかった。

二軒目に誘った相手にとって、
その夜は特別だったと思ったし、

まぁ、私が旦那の立場だったら、
行くだろうなという状況。

外で働く人にとっては、家族だけが世界じゃない。
私も外で働いていた身だから、
断れない状況があるのはわかる。

しかし、腕の中には泣く我が子。痛む体。
寝不足もきわまり、ネガティブ思考まっしぐら。

これが続くなら、私は大好きな旦那を
恨みながら怨念の子育てをし、
子供に旦那の悪口を言いかねない。

そんな姿を発信しまくり、
少子高齢化に拍車をかけるかもしれない。
(そこまで影響力ないけど)

そんなことは絶対に回避したいので

もはや飲酒運転ばりに、赤ちゃん持ちの父親の
夜23時以降の外出は法律で禁止してほしい。
そうすれば誰も傷つかない!!(T_T)

ちょっと前までは車で来た人に
「一杯くらい、いいじゃない」
と言い放つイカれた人がいたらしいけれど、
今やそんな人は見かけない。
飲酒運転=ダメ絶対、が世の中に浸透したからね。

だから、もうね、シンプルに、小さい子供がいる家の
旦那の、仕事以外の外出を
「禁止」にしたら誰も傷つかない!
…そんなことを深夜の布団でふと思ったよ。

二軒目のお店で、お店の人や誘ってくれた人に
「嫁がいろいろ限界である」と事情を説明して

注文したものをお皿ごと持ち帰る許可を得て、
両手にパフェを抱えて全速力で帰ってきてくれた旦那を見たら、
イライラをぶつけたい気持ちもどこかへ行ってしまった。

(パフェを持っている旦那は可愛かったし、
「今が一番美味しいから一口食べろ」と言って食べさせてくれた)

翌日、仕事の合間にお店にお皿を返しにいくはめになった
旦那のことが大好きなので、ずっと大好きなまま、子育てしたいなぁ…!

(でも、価値観や文化ごと変わってほしいと思う場面が、産後一ヶ月未満の今の時点で山程ある)

==

月刊はあちゅうは日記マガジンです。
オピニオンなんて大げさなものではなく、
ただ思いついたことを書く「日記」
なのでマジレスは受け付けていないよ…😂

==
【追記】関係者に見られたら気まずいから
後で消そうと思っていたのですが、
昼寝をした後、粉ミルクを求めて三千里の旅をしている間に
ささやかにバズっていて、すでに手遅れになっていた
(旦那などにばっちり見られていた)ので、
このまま残しておきます…。ネットって隠し事出来ない。

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月に4本以上、日常や、頭の中を届けます。 ※ご購読頂くと過去のマガジン記事も全て読めます。

月刊はあちゅう

月額1,000円

日記です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事が気に入ったら、シェアやいいねをしてもらえると嬉しいです。

シェアして貰えたら、めっちゃ嬉しいです。
882
ブロガー・作家。

この記事が入っているマガジン