見出し画像

新幹線でダラダラと好きなことをしていても富士山を見逃さない方法

東海道新幹線で、「富士山」見たいですよね。しかし、音楽、ゲーム、読書、仕事、ハッキング(いい意味)なんてことをしていると、気がついたらうっかり通り過ぎていた、なんてことありませんか。

そこで、iPhoneの標準アプリを使ってうまい具合に富士山に近づいた時にそれとわかる方法を見つけました。

リマインダーを使うんです。
これです。

リマインダーとは、たいてい、「やることリスト」を登録して使います。期限などを設定すると通知アラートを受け取れます。

この通知条件は、タスクを作ったらその横に出る(i)アイコンをクリックします。(このスナップはこのタスクを作ってしまってからのものですが。)

そこに、「ある場所に近づいたらアラートする」機能があります。これを使って、「富士山」を設定するわけです。

近づいたときにアラートするのか、遠ざかった時にアラートするのかを選べます。この場合は近づいた時にアラートする方を選んでおきます。

富士山は裾野が広いので、アラートする地図の範囲のエリアは広くしておきましょう。セッティングが終わるとこんな感じ。

これで、今日もバッチリのタイミングでアラートしてくれました。イヤホンをしてスマホでとあるハッキング被害について調べものをしていたんですが、ピコーンとアラートが鳴って、通知に「富士山」と出ていましたので、ふと車窓を見ますと、見事に真正面でした!

あとはがんばって座席の確保をがんばってください。
そうそう、リマインダーアプリに、位置情報へのアクセスと、通知の許可するのを忘れないこと。

ちなみに私は、この方法で、あまり慣れていないエリアで到着地に近づいたらアラートが鳴るようにしてみたり、施設の会員番号や予約番号をメモしたりしています。

ピコーンといい音とともに、見逃したくない瞬間をゲット!ほら、いろいろ、めっちゃ便利なライフハックじゃない?

ご参考〜。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

hackademy

Hack x Academy安心できる、安全な仕組みを知らせる, Hackademyです。

Hackademy Guide

Hackademyより、安心と安全のための大事なコツやガイドをお知らせします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。