鮮度抜群ビールが3杯無料!アサヒビールで学んだ工場見学コンテンツ5つの極意

note編集部のお気に入り記事マガジンにピックアップしていただきました!


こんにちは。岡山県北の材木屋「西粟倉・森の学校」のハダ(@hada_tomohiro)です。

仕事柄、年間300人程度のお客さんに山や工場をご案内しています。森づくりの背景からモノづくりの顔まで見える透明な木材流通を通して、お客さんに安心して木製品を使ってもらうことが材木屋の役目です。

最近は非観光地の西粟倉村だからこそ、山や工場の見学をもっと魅力的なコンテンツにできないものかと思案中です。


今回のnoteではアサヒビールの工場見学で学んだことをまとめてみました。

参加費無料で鮮度抜群ビールが3杯まで飲める神対応!

お盆休みを利用して両親と愛媛旅行に出掛けてきました。

お目当ての一つはアサヒビール四国工場(西条市)の工場見学ツアー。日本を代表するビールブランドの工場見学の極意を学ぶことが狙いです。


アサヒビール四国工場の工場見学ツアーの概要は以下です。

・参加費無料の予約制
・映像鑑賞 → 工場見学 → 試飲まで計75分
・20分間でお一人さま3杯まで新鮮ビールが飲める!(おつまみ付!)
・工場内レストランでジンギスカン&しゃぶしゃぶが食べられる(有料)
・毎日開催で1日あたり計14本(年間開催4,000-5,000本!)

なんと参加費無料で鮮度抜群のビールが3杯も飲めちゃいます

大定番のアサヒスーパードライはもちろん、エクストラコールドやブラックもありますよ。両親は昼間からたいそう酔っ払ってご機嫌でございました。

ぼくはドライバーだったのでノンアルコールでしたが、ドライゼロを飲むことができるのでドライバーも酔った気持ちになれます。

アサヒビール工場見学ツアーの5つのポイント

アサヒビール四国工場では基本的に毎日開催、30分おきに1日14本なので年間推定4,000-5,000本のツアーを開催しています。

さらに全国8工場で開催されているので、全国で推定4-5万本のツアー開催をしているはず。1年あたりの参加者数が数百万人はくだらないモンスター級の工場見学ツアーです。これをやりきるってアサヒビールすご過ぎ…!


工場見学には仕組み化されたノウハウがたくさん詰まっていました。

①冒頭に映像鑑賞があり、時間調整して遅刻参加者が合流できる工夫
②パネル展示を多用して話を聞きそびれてもざっくり理解できる内容
③見る&聞くだけではなく、ホップに触れる&嗅ぐなど五感を刺激
④参加者が飽きないようにツアー後半でクイズ出題の仕掛け
⑤一方向&折返しルート案内なので参加者が行方不明にならない

②③④あたりは自分自身も山や工場の案内をしているので注意しているポイントだったのですが、特に印象的だったのは①と⑤でした。


実は、前の予定の松山城散策が長引き、おまけに道路は大渋滞、工場見学の開始時間に10分ほど遅れてしまいました。

「すいません〜!遅刻しました!」と駆け足で受付をしたのですが「もちろん大丈夫ですよ」と優しく対応していただき、ちょうど映像鑑賞が終わるナイスタイミングで合流することができました。

「なるほど!冒頭の映像鑑賞はこのためだったのか!」と家族三人で唸ったのでした。さらにツアー中盤にもう一度映像鑑賞があり、ポツポツと間延びしてしまった参加者御一行をまとめなおす仕組みも用意されています。


また、工場見学自体がぐるり周遊形式ではなく、一方向に進んで折り返すルートになっているのは参加者が行方不明にならない工夫だったのでした。

歩くことができない赤ちゃんから車椅子のご老人まで老若男女が参加するツアーだけあって配慮がすごい…!案内係のお姉さん1人で数十人の参加者を30分おきに案内しているので、不測の事態に備えた構成に安心感があります。

未来のファンを育てる工場見学

田舎の材木屋ベンチャーからすると、こんなにサービスしているのに本当に無料でいいの?せめて1,000円くらいはもらったほうがいいのでは?と工場見学に費やすコストを考えるとビビってしまいます。

いくら日本を代表するビールブランドだとしても販促費として割り切るには費用対効果が低過ぎる印象。


ですが、無料の工場見学後のレストランは満員!ギフトショップではビールとおつまみを爆買い!真っ昼間からすでに千鳥足のおっちゃん達!

そんな様子を眺めていると、アサヒビールファンを増やすための取り組みを地道に積み重ねているのだなと感じました。


夏休みだったので小学生の子どもが多かったのも印象的でした。

彼らが数年後20歳になった時、「昔アサヒビールの工場見学をした時にお父さんがめちゃくちゃ美味しそうにビールを飲んでたんだよね」と話をしながらビールを飲む光景を思い浮かべてみると、工場見学は未来のファンづくりに一役買っているんですね。


アサヒビールの工場見学は今回ご紹介した四国(愛媛)をはじめ、神奈川、愛知、大阪など全国8工場で開催されています。工場見学後のキンキンに冷えた鮮度抜群ビールは最高に美味い!ぜひ行ってみてくださいね〜!

👉アサヒビールの工場見学

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは素敵なnoteクリエイターさんのサポートに使わせていただきnote内サポート循環を楽しみたいなと思っています

ありがとうございます!このあとアナタのページに遊びに行きますね
30

羽田 知弘|西粟倉・森の学校

材木屋トレイルランナー。岡山県・西粟倉村の材木屋「西粟倉・森の学校」所属。ウルトラマラソン&トレイルランナー。1989年生まれ愛知県出身。林業、狩猟、畑など山での生き方を走り書きしています

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。