見出し画像

ニュースになるまで 「Hit BOX」すら知らなかったよ

毎度、特定のコマンド入力で蹴躓いていた身としては、レバー部分をボタンに置き換えたコントローラーは喉から手が出るほど欲しい代物だが、個人が自宅で使用するならまだしも、大会への持ち込みはさすがに躊躇してしまう。

この種のコントローラーは、パソコンのキーボードをタイプするかのような感覚でプレイでき、レバーを用いるより効率的な入力が可能であるといわれています。大会側は、コントローラーの機能差によって勝敗に不公平が生じないよう配慮し、「使用禁止」の決断を下したものと考えられます。

正直、これは当然の判断だと思う。
記事にあるとおり、レバーをボタンに置き換えることでコマンド入力の正確性はぐっと上がる。レバーを使用しない分、プレイヤーによっては入力速度の差も看過できないものになるだろう。それでは「競技」にならない。

ただ、今後、コントローラーの仕様等のルールが徹底されていけば、「Hit Box」のようなレバーレスのコントローラーの使用が認められるタイトルが出てくる可能性もある。

そうなれば、プレイヤーの人口もぐっと上がるだろう。自分のようにレバー操作で挫けたプレイヤーはおそらく少なくないと思うので。反面、参戦のハードルが下がる分、競争率も跳ね上がるだろうが。

レバーレスなら「鉄拳」に出戻りできるかなあ?

……2011年の時点ですでに「Hit Box」あったのね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

どもども ヾ(*ΦωΦ)ノ☆

haeretics@略称ヘレ

略称ヘレ。凡人。しかしてその実体は知識欲と好奇心の尖兵。紅茶とスタバが好き。ゲームも好き。独学で日商簿記1級に挑むも遅々として進まず、現在は範囲改訂後の2級にUターン中。2019年6月より解離性障害と双極性障害を引っさげて就活開始。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。