見出し画像

noteをめぐるnote、その1

少し前にnoteを再開した。再開したっつっても、前はテスト投稿くらいしかしてなかったので、実質的に今回が初の利用。たしか前は、しりあがり寿さんといろいろやろうとしてた中で実験として試そうとしてたんじゃないかな。

んで、今回は、以下のように、下瀬ミチルさんのご依頼によりnoteを再開するということになったのである。「以下のように」と書いたはいいけど、よく見たら以下のnoteではほとんどその経緯を書いてないな。

まあ、いいや。またそのうち書く日も来るでしょう。

で、このnote、プロフ的なところにあるように、

note酒場に同伴するためにnote界隈を覗いてみるためのnote。

にしようと思ってたんだけど、具体的な方法はあんまり考えてなかった。が、少しnote界隈を覗いてみたら方針を思い付いた。案ずるより産むが易なんとかですね。

具体的には「めぐってみたnoteで気になったフレーズを引用したりしなかったりして、いろいろ持った感想の中から一番どうでもいい感想だけを書く。気の利いた(と自分では思う)感想を思い付いたとしてもそれは書かない」というもの。良かったら少し付き合ってみてくださいな。

ちなみにタイトルは村上春樹の『羊をめぐる冒険』へのオマージュ。村上春樹読んだことないけどね(1冊くらいあるかも)。

そんなわけで、個人的にnoteと言えばりょかちなので、りょかちのnoteからいろいろめぐって行きます。

「優秀だが惜しい人」
自分の意見が議論もなしにそのまま通ってしまったら、ものすごーーーく不安を感じる。
38294723892倍

「どうせ2の25乗とかでしょ?」とか思って素因数分解したら「2^2 * 3 * 547 * 5834053」だったのですごく申し訳ない気持ちになった。

ヤリモク(ヤること目的)

僕はキャバ嬢やってる浪人生からTwitterでこの言葉を教わった。

一軍の友達
ほんとうに欲しいのは、僕を好いていると確信が持てない相手からの好意だ
どれだけ無能でだらしなかろうが、僕は優しいからいいんだと慰めてきた。
私は1時間で退会した。

「カラーセラピー勉強中」ってすごいパワーワードだなと思ったけど、1時間で退会してるの、なんか友達になりたくなった。

しばしお暇

PINKのことを好きになったきっかけが「解散の記事を読んだ」だったことを思い出した。

おしゃれしない=仕事を頑張ってるということでは決してない

僕があげたヴェネチア土産のお面はもう捨てたかしら。

一応私にできることはやった

社長をやってたときのクセで、つい言質を取ってしまうようなクセがある僕。

相談者に料金を支払ってもらうからには、アドバイザーの品質が重要だ。この品質を担保するからこそ、有料のサービスとして成り立つのだ。

10年前の本だけど『フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』面白かったなあ。有名な本って、いろんなサイトとかで概要知れたとしても、結局その本を読むのが一番良いような気がする。なんかマジメなこと書いちゃった。

それを言って下さるなら、子どもたちに朝ごはんを何かしら食べさせておいてくれたら
どれもこれも、夫の優しさに起因しているものだから、当然、怒る感じにもならない
夫は私のnoteを読んでる

SNSの台頭で、ペットを介して会話する夫婦が減ってるらしいですね(嘘)。

タイトルをつけるのが好きだ。

僕もそのはずだったんだけどな。

中間子

湯川秀樹。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

hagitemu

note酒場に同伴するためにnote界隈を覗いてみるためのnote。

noteをめぐるnote

めぐってみたnoteで気になったフレーズを引用したりしなかったりして、いろいろ持った感想の中から一番どうでもいい感想だけを書く。気の利いた(と自分では思う)感想を思い付いたとしてもそれは書かない。

コメント4件

取り上げてくださってありがとうございます!
ノート酒場のレポート楽しみにしています!!!
お面は実家に飾ってあります
そのちょうし!
コメントへの返信の仕方がわからない。良いお彼岸を。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。