ポートフォリオ制作でのこだわり

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】第十二回目は「ポートフォリオ制作でのこだわり」についてです。

ポートフォリオを作るときに私自身がどのように考えて作っているかご紹介したいと思います。

私がこだわっている点は、自分が説明しやすい順番にしていることです。
私は子どもたちに関係のある教育系のイラスト、学習参考書や教材、絵本などのイラストを多く描いていきたいと考えているのですが、そう思うに至ったのにはきっかけとなるお仕事がありました。

そのきっかけになったのは2014年に描いた子ども向けのイラストのお仕事で、私は自分のイラストで喜んで笑顔になっている子どもたちの姿を目の当たりにしました。
その光景を見たときにすごく幸せを感じまして、それ以来子どもたちに向けたイラストのお仕事を積極的にしていきたいと思うようになりました。
その自分の思いが語れるように、私はポートフォリオの一番最初のページにきっかけのお仕事を紹介しています。

自分がなぜイラストのお仕事をしたいのか、なぜこの分野のイラストを描きたいのか、その「理由」「熱意」を伝えることで相手から共感・協力してもらいやすくなります。

訪問営業で使うポートフォリオはそれ単体ではなくて、自分がいて、クライアントさんがいて、その間にポートフォリオを置いて、

そのときどんな会話が発生するか、このページを見た時にどんな言葉がもらえるか、自分がどんなことを伝えたいか・・・
そういう「ポートフォリオを見てもらう時に生まれる会話」まで考えながらページ構成などをすると印象に残る営業活動にしやすいのではないかと思います。

次回のハイジノートは「ラフにかける時間について」です。

-----

20記事すべてまとめたブログはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポートしていただけたら、さらなるイラストの活動(描く・教える・調べる)に使わせていただきます!

(人´ω`*)♡
9

イラストレーターはじめのいっぽ

主にイラストレーターを目指す方に、企業さんのご意見や私Haijiの体験談などをシェアするマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。