イラストの仕事の流れ

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】第二回目はイラストの仕事の流れを紹介します。

(1)ご依頼をいただく

(企業の方からのご依頼を想定しています)
だいたいお電話かメールでご依頼がきます。
次の4項目をしっかり確認してお仕事を引き受けるかどうか決めていきます。

・納期…納品可能なスケジュールか。
・内容...自分のポリシーに反しない内容であるか。
・点数...その納期の中で可能な点数か。
・料金...適正料金か、あるいはそうでなかったとしても自分の納得の行く値段か。

もし自分の条件と合わなければ、「この納期だとイラスト5点が限界なのですが納期延長してもらえませんか?」「イラスト10点でこの値段では合わないので料金上乗せしてもらえませんか?」など交渉します。
とはいえ初心者のうちは、きた仕事には食らいつく気持ちで積極的にお引き受けすることをおすすめします。

(2)ラフを描き、提出する


ラフや本番用イラストはたいていメールに添付、あるいはデータ便などを使ってクライアントさんにお送りします。ラフはアナログで描いたものをスキャンしてお送りしても良いし、デジタルで描いたラフデータをお送りしても大丈夫です。クライアントさんにイラストの完成形が伝わるくらいのラフを描きましょう。初めてのクライアントさんならば、より完成形に近いラフを送る、または完成形に近いテイストの別のイラストを添付するなどして、相手に想像しやすいようにラフをご用意してあげると、スムーズです。完成してから「こんなはずじゃなかった」となるのを防ぎます。

(3)本番用イラストを描き、提出する


ラフにOKが出たら本番用のイラストを描いていきます。細かい塗り残しなどないように、すみずみまでチェックしてから提出しましょう。デジタルならば100%に拡大して確認することをおすすめします。

(4)納品後、請求書を作成&お送りする


請求書はメール添付でOKの会社と、捺印して郵送してほしい会社があります。クライアントさん側から指示があるはずなのでよく確認しましょう。

(5)一~三ヶ月後に入金


イラスト料が振り込まれる頃に、なるべく入金確認をしましょう。いつ入金されるかは遅くても請求書をつくるタイミングで教えてもらえるはずですが、もし何も言われない場合でも必ずこちらから聞いておきましょう。入金されるはずが手違いで入金されない場合もあります。


はじめてイラストのご依頼を受けたときなどに参考にしてみてください。

次回のハイジノートは「ダブルワークの両立の仕方」です。

-----

20記事すべてまとめたブログはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポートしていただけたら、さらなるイラストの活動(描く・教える・調べる)に使わせていただきます!

*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。
8

イラストレーターはじめのいっぽ

主にイラストレーターを目指す方に、企業さんのご意見や私Haijiの体験談などをシェアするマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。