見出し画像

築地の記憶、マグロと親父

10月6日に築地市場が83年の幕を閉じた。父、和夫は高校卒業後の18歳から築地に勤め、いま71歳になる。実に53年ものあいだ、大物業界(マグロ・カジキ等)一筋だ。

移転が目前に迫る9月下旬から数回にわたり、父の仕事を目に焼き付けようと早朝に自転車を走らせた。紆余曲折のある豊洲市場に移ってからも仕事は続けていくので、今後も見られないわけではない。

築地市場の建物は老朽化し、いつ崩れてもおかしくない。積み上げられた発砲スチロールはあちこちに散見され、防火上もよくない。排水設備は古く、全体的にみて衛生的に決してよいとは言い難い。また、マグロは資源枯渇のため、漁獲規制の流れがさらに強まり、現在のような流通は遅かれ早かれなくなっていく。だからこそ、最後の築地を記憶したかった。

かつて、父は毎日セリに立っていた。年金をもらいながら働くいまでは、若手へセリは継承され、生マグロの解体と出荷作業が主だ。マグロは、長短さまざまな包丁やノコギリを使い分けて捌く。左利きの父だが、専用の包丁はなくみなと同じものを器用に扱う。

動きに無駄がなく、刃に迷いはない。

「1本100万以上もするもの、大間の5000円/kgやその日の1番のマグロを捌くときは心躍るね。いまでも新しい経験をさせてもらっているよ」と父。

腰は少し曲がってきているが、1時30分から9時までほぼ休みなしで動き続けている。座っているところを一度も目にしなかった。また、かつてほど重いものは持てなくなったようだが、それでも60kgくらいのまぐろは、いまでもひとりで持ち上げる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

30

haijiman

東京の下町生まれ。好きなものは、旅と食と人、そして混沌。国内外の生産者や尖った取り組みをカメラと地域の食をもとめて訪問するのがライフワークになっている。じっとしていられない性分で同じことの繰り返しが苦手。仕事は4年周期で変わり、営利、非営利を経て、その中間を行き来している。

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。

コメント1件

カッコいいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。