東京建築ぶらり旅~GINZA SIX(ギンザシックス)~

こんにちは。羽尻佑一です。

先週より10℃以上気温が下がり、一気に寒くなってきましたね。

僕はダウンを着て寒さをしのいでいます。

皆さんも風邪をひかないように、寒さ対策をして気をつけてください。

前回行った銀座にはまだまだたくさんの有名な、建築物はありますので

建築物をもう一つご紹介します。

それは去年、2017年4月に開業した複合施設の

『GINZA SIX』です。

地下6階から地上13階の建築物で、

6階までと、13階の一部が商業施設となっており200店舗を超えるブランドが立ち並んでいます。

建築のコンセプトは「ひさし」と「のれん」をイメージされいます。

また、店舗が入れ替わった場合を考えて、容易にファサード工事ができるようパネルになっているという心配りは最高です。

このGINZA SIXの基本設計と外装デザインは、世界で最も美しい美術館をつくる建築家と言われている谷口吉生(たにぐちよしお)です。

建築様式は装飾やデザインなどを重視するポストモダンですね。

見るからにこだわりが伝わってきます。

館内も洗練されていますが、僕のお気に入りはやっぱり

「銀座、蔦屋書店」です。

蔦屋書店は6階にあり大部分を占めています。

落ち着いた照明、広々とした店内はとてもゆったりできます。

併設されたスターバックスで、コーヒーを飲みながら、買う本を選別できるものうれしい限りです。

このスターバックスではアルコール類も!

品数も多く、ディープな本も取り扱っているので、専門分野の本もきっとみつかるはずです。

僕も本好きな友達になにかプレゼントしようと、ふと思ったのですが、

多すぎて選ぶのに時間がかかりました。

そして本だけではなく、文具や日本刀もあります!

見ているだけでも、日本古来の気分が楽しめますね。

定期的にイベントも行っているので是非調べてみて下さい。

そして今の時期はちょっとばかり寒いですが、屋上にあるGINZA SIX ガーデンは行ってみてください。

銀座エリア最大級の屋上庭園です。

「自然に親しむ近世江戸の庭園文化」、「街の賑わいを楽しむ西欧の広場文化」 の融合をコンセプトにしていて、

日向ぼっこにうってつけです。

買い物あとにちょっと休憩がてらに利用するにもよいかもしれません。

他にも能楽最大流派である、観世流の拠点「観世能楽堂」があるなど、

1日いても足りないくらい、見どころ満載です。

是非みなさん、足を運んでみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

羽尻佑一(ハジリユウイチ)

羽尻佑一です。 O型 / 牡羊座 / 関西出身 / 社会人一年目で上京しました。 建築デザイナー、証券営業を経て、現在は人材&経営コンサルタントをしています。 好きなものは、猫、名探偵コナン、野球、建築、インテリア、カフェ、食べ歩き、読書など。 よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。