見出し画像

藍のメモ4

紺とかーさんとすごしていると、とーさんがごく普通の人間に見えてくる。

とーさんはとーさんで、変わっている。でもそれ以上に、紺とかーさんは変わっている。

ぼくと紺は、月に一度とーさんと会う時間を設けている。ぼくは密かにこの時間を心待ちにしており、数日前からなんとなくそわそわしてしまう。とーさんはおおらかで、いつだってにこにこしている。ぼくたちの話を、それがどんな話だとしても、目を細めて楽しそうに聞いている。紺が、とーさんは本当にそう思っているか疑わしいわ、と疑う、とーさんの笑顔。

「いいじゃないか、それはそれで」

とーさんの口ぐせ。いいじゃないか。

紺は今日も不機嫌だ。とーさんの家の近くの小料理屋で、ウーロン茶の氷をからりと鳴らす。ぼくたちの、お気に入りの店。

「よくないわ。どうしてわたしが当たられないといけないのよ」

「嫉妬の対象はね、まぁ心地よいものでもあるんだよ。人が自分を羨ましがる、大いに結構じゃないか」

「ひとつも結構じゃないわ」

先日、ぼくは同級生の女の子から告白を受けた。隣のクラスの、小柄で髪を2つに結んだ子。委員会で顔を合わせるくらいで、ほとんど話した記憶はない。でもどうやら、初めて会った時から思ってくれていたらしい。ぼくはその初めて会った時というのが、いつなのか覚えていない。

彼女に特別な好意はない。それをやんわりと告げたわけだが、なぜか彼女は紺に八つ当たりをした。真宮さんっていつも藍くんと一緒でいいよね。もう中学生なのに。だから藍くんに彼女ができないんじゃないの?

ぼくに特別な恋人がいないことと、紺といつも一緒にいることに、なんの関係があるのかぼくにはわからない。べったりで他人が入る隙を作っているわけでもないし、ぼくらは双子なのであって恋人同士ではない。ぼくの気持ちと紺はなんら関係はないのだけれど、きっと彼女は当たる場所がなかったのだろう。でもまさかその対象が紺になるとは。姉の、紺が。

紺は憤慨した。だが学校ではうんと無口で無愛想な紺は、ただひとこと口にしただけだった。「なに言ってんのかわかんないんだけど」

嫉妬が心地よいとは、よく言ったものだ。かーさんと付き合って、散々嫉妬されてきたとーさんだから言える言葉かもしれない。

「いいじゃないか。藍がモテるという証拠なんだから」

納得しない紺を横目に、くすくすとおかしそうにとーさんは笑う。

ぼくの好きな、優しいとーさんの笑顔。


#ハコニワ #noveljam

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ハコニワ

吉川キイロ著「ハコニワ」の登場人物、藍のメモ。 ハコニワについてはこちら→https://bccks.jp/bcck/156970/info

NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

このマガジンには「NovelJam 2018秋」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2018秋」は、2018年11月23日から25日に大学セミナーハウス(東京都八王子市)にて2泊3日の合宿形式で開催します。「著者」16名と「編集者」8名と「デザイナー...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。