#34 フェブラリーS

テイエムジンソクとゴールドドリームの序列は考えても仕方がなく予想は放棄。超スローペースにはならないだろうし、淡々と流れればテイエムジンソクが押し切る、前傾の激流ならゴールドドリームが差し切るがテイエムジンソクも粘り込むイメージ。2強対決と見る。

3番手はノンコノユメ。復調しつつの近4走は、どれを取っても追込み馬として格好はつけている。根岸Sのパフォーマンスを見る限り、人気上位のサンライズノヴァはノンコノユメに先着できないという見立て。

テイエムジンソクの他に前が残るならインカンテーションが筆頭。穴馬は、昨年同レース5着で鞍上が怖ろしいニシケンモノノフ、人気急落のサウンドトゥルー、ダート適性証明済かつ調教抜群のレッツゴードンキの3頭。

◎(10)テイエムジンソク
○(14)ゴールドドリーム
▲(12)ノンコノユメ
△(6)インカンテーション
▽(1)(5)(13)

3連単◎○→◎○→▲ 1700円×2
3連単◎○→◎○→△ 500円×2
3連単◎○→◎○→▽ 100円×6

KEIBA 2018

購入馬券の記録など競馬についての私的メモ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。