Haru

IKEAで働きつつメディアを作っています。カメラマン、webデザインも見よう見まねでやっています。

黒いMR2

「学生」

2016年12月28日、世間はすっかり年末の空気に包みこまれている。

人々は年始にかけての帰省に備えて我先にと洗車機に群がり、ガソリンスタンドはどこもてんてこ舞いの忙しさであった。

今日はこれで何台目だろうか、洗車機から上がってくる無数の車を朝から晩まで拭きあげている僕の指は、かじかみを通り越してじんわりと火照っている。

あと少し、頑張れば。

無心に手が動くのだった。

「無謀

もっとみる

涙腺のスイッチはいずこへ

人は時に涙を流す。

きっかけは様々あるが、感動したときに出てくる涙が不思議でたまらなくてこのブログを書いている。

「いや感動したら涙が出るのは当たり前でしょ」

と思っているそこのあなた、人の感性は十人十色、もちろん感動するきっかけも千差万別。自分が思いもよらぬタイミングで、他人は感動に涙を流しているかもしれないのだ。

あなたはどんな時に感動で涙を流しますか。ぜひTwitterかなんかでシェ

もっとみる

道を尋ねられた話

仕事帰り、前を走る車にただならぬオーラを感じた。

たった今、僕の前で一緒に右折を待っているこの車、何かがヤバいと僕の浅い運転経験が警報を発している。

いつもより車間をとって右折を開始、次の瞬間だった。前のセダンは急ブレーキ、巨大なプレハブを構えている建築現場に向けて、おもむろに左折を開始した。やはりこいつ、何かがおかしい。

落ち着くんだ。僕はこの左折がフェイクであることを見切る。ベンツのEク

もっとみる

産毛すら剃れない電動カミソリ

また愚痴になってしまうのだけど、ちょっと聞いてくれ。

顔や首に生えてくる中途半端な毛を剃るために電動カミソリを買ったら、これがぜんぜん用を成さないのである。

あからさまに安かろう悪かろうな雰囲気なのでもうあきらめているのだが、これがもう、うすい毛一本すら剃れない。いつか詐欺商品と言われても仕方ないだろう。

おまけに、毛が剃れないばかりか刃を当てた部分の表皮がポロポロともっていかれるので、毛が

もっとみる

アイデンティティ流体モデル

少し面白いことを考えたので絵と文章で説明してみる。

人間のアイデンティティは、周りを型に囲まれた流体のようだ。内的、外的要因によって形成された価値観、社会的な概念、偏見、欲求など、多種多様な枠組みによって囲われた場所にアイデンティティが生じる。これをアイデンティティ流体モデル(以下流体モデル)と呼ぶことにする。また、流体を囲む枠組みひとつひとつについて、ピースと呼ぶことにする。

流体モデルの性

もっとみる

麦茶について

2019年の5月24日という日は、梅雨を前にしてとても暑い日になった。



夕方に歯医者の予約があったので、午前中には仕事を済ませた。昼下がり、今日こそは石油ストーブを納戸に押し込もうという確固たる決意のもと、その前に押入れを片付けなければならないので防カビ剤を買いにホームセンターへ出かけることから始めた。

ドアを開けると長い間使っていない自転車が上目遣いでこちらを見ていたので、防カビ剤と一

もっとみる