はなまめと本。『昴とスーさん』1巻 高橋那津子


『昴とスーさん』1巻
高橋那津子

(ネタバレなしで書けない!!ネタバレしてます。)

表紙の2人が
「昴とスーさん」だって、
思っていた。。。

違います!!

これは同じ人物の呼び方の違いが題名になっているのです!!(表紙右)

わたしは『ベンジャミン・バトン』が嫌い。
好きなんだけど、嫌いなんです。

この物語はそういう類のお話。

同じ時間軸にいるのに、
同じ時間の進み方で生きられない人たちの、切ない愛の物語。

『時を掛ける少女』も
『ゴールデンエイジ』(カムイじゃないよ!好きだけども)も
大好きで嫌いって気持ちは出てこないんですけど、
何故か『ベンジャミン・バトン』だけは
嫌いっていう要素が出てくるのです。

その要素は、
時間の進行方向の違いを抱えているせいで、
愛する人と共に歳をとれない身体という制約。

一緒に暮らしていても、
一緒にいればいるほど
切なさが増す感じが
なんとも哀しく感じてしまう。。。

そういう哀しさと、
二人の愛の深さを
じっくり味わえる一巻。

昴の恋人・澪の、
ドジだけど優しい性格にだけ、
心が救われる。。。

はなまめʕ・ω・)のひとこと。
「ぼくはスーさんがもともと
イタリアンの料理人だったところに
心ひかれました。今後出てくるお料理にも注目してます。」




#昴とスーさん
#高橋那津子
#はなまめと本
#オススメマンガ
#料理人漫画
#読書日記
#読書記録
#一日一冊
#読書感想文
#よしこの読書感想文
#bookstagram
#instabook

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

はなまめとわたしの日々のことを読んでくださって、 ありがとうございます。 ここで集まったお金については、 はなまめと相談してから使い方を決める予定です。

うれしいので、愛を送ります。ʕ・ω・)ノ❤️\(( °ω° ))
2

はなまめと本📚-よしこの読書感想文-

はなまめと本の写真と、よしこの読書感想文。書評ではありません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。