これからアフィリエイトを始める初心者が抑えておきたい基本とコツ

これからアフィリエイトを始めよう!と言う方が始める前にチェックしておきたい点をまとめました。

副業として常に人気のアフィリエイトですが、1年で9割の人が撤退、稼げるのは本僅かという非常に競争が激しい世界です。

まずは最低限のポイントは押さえておきましょう。

①1つの記事につき狙うキーワードは1つに絞ろう

ここで言う1つのキーワードとは主に単一ワードと言う意味ではなく「投資 初心者」など複合ワードの事です。

もちろん単一ワードを狙っても全く問題ありませんが、単一ワードは総じて競合が激しく検索上位に持っていくのが難しいです。

なので一つの記事につき一つ、この複合キーワードで検索されることを狙いたい!と言うものを決めて、そのキーワードに沿った記事づくりをしましょう。

また大事なのは一つ一つの記事を丁寧に作っていくこと。

自サイトの文章の一部をコピーして作ってはせっかくページを作ってもグーグルに良い評価を貰えません。

1記事をしっかりと作り上げていきましょう。

あとはそれを繰り返してサイトのボリュームを増やしていきます。

1日1ページでも休まずに行えば1年で365ページも作れてしまいます。
(暴論ですが)



②記事のタイトルは30文字以下で

検索の結果で登場するタイトルは文字数が多い過ぎると…表記となってしまいます。

…となってしまってはタイトルで伝えたいことが十分にできず、クリック率の低下からの検索順位下がりという事態を起こしかねません。

これを避けるためにタイトルは32文字以下にするのが適切である、と言われているのですが、これはグーグルのPC検索結果の場合です。

ヤフーやスマホでの検索表示なども加味すると30文字以内で抑えておいた方がよさそうです。

またその記事で伝えたい事(=狙いたいキーワード)はタイトルの前の方に出すようにしましょう。

前に出すほどグーグルがそのキーワードが重要視されている記事なのだなと思ってくれます。

また狙いたいキーワードを検索する人が実際どういう情報を求めているのかを連想してタイトルを決めましょう。

検索ワードの意図とマッチしたタイトルや記事内容ほどグーグルは評価してくれます。


③1記事の文字数は2000文字が最低ライン

検索で上位表示を狙いたい場合、1記事につき最低2000文字はテキストを入れ込むようにしましょう。

文字量が多く狙いたいキーワードはもちろん、その気ワードに関連するキーワードを散りばめることができれば上位表示を狙うことができます。
(例えば、「初心者」なら「入門」や「初めて」などの似た意味を持つワードを散りばめておくと良い)

また文字量が多いほど狙ったキーワード以外の検索表示も狙うことができます。

狙ったキーワードだけで上位表示されても、成果はともかくアクセスはそれほど見込めませんので、テキスト量を充実させてロングテールキーワードからの集客も狙っていきましょう。

※ロングテール
ほとんど誰も検索しないけど需要はあるキーワード群。検索キーワードの8割はロングテールに属すると言われています。


④本気で狙うなら8000文字~

上記で1記事につき2000文字が最低ラインと言いましたが、競合が強めのキーワードで上位を本気で狙うなら2000文字では実は足りません。

必要と言われる文字数は年々増加傾向で、今は8000文字は必要と言われています。

8000文字の記事を書いたからと言って必ず上位に来れるわけではないですが、本気で上位を狙いたいキーワードであればこれくらいの文字数の記事を書きましょう。


⑤被リンク増やしなどの小手先SEOよりもコンテンツ充実

被リンクは今でも重要です。

被リンクの重要度はグーグル検索のコアアップデート毎に代わってきますが、「全く必要ない」という事はこれからもないでしょう。

しかし数年前に比べて被リンクの重要度が下がっているのも事実です。

被リンクは自演ができる部分でもあり、やり過ぎるとペナルティを食らってしまう危険性があります。

であるならば、被リンクを稼ぐことよりも記事の充実を最優先にした方が良いでしょう。

最近のグーグルはユーザーがどんな意図をもってそのキーワードを検索したのか?その意図にあったサイトはどれか?と言った分析まで行っています。

キーワードを決めたら、そのキーワードで現在上位に来ているページをチェックして、どんな内容が上位に来ているのか?関連キーワードはどんなものがあるのか?を調べ、ユーザーの検索意図に沿った記事づくりを最優先しましょう。


⑥サイトの上部に外部リンクを貼らない

上部に広告(外部リンク)が多いと、その記事は宣伝用だなとグーグルに認識されてしまいます。

逆に広告が記事の下の方にあれば、そのページは内容重視何だなと思ってくれます。

実際訪れたユーザー視点から見てもいきなり広告がドーンとあったら、見る気をなくしますよね。

検索上位を狙うのであれば記事を読み終わった後にさりげなく広告リンクを貼っておくのがベストです。

※成果が出やすいかとはまた別です。成果重視であれば「記事内に記事と連動するような」広告の貼り方がベスト。


⑦ただ広告バナーを貼るだけは無意味、どころかマイナス評価も。

ただASPから発行された広告バナーをサイドや上部に貼っただけでは成果どころかクリックも全然してくれません。

訪れたユーザーは広告を見に来たわけではないので、意味なく広告が貼られていてもほとんどスルーされます。

目立つところに広告があると逆にグーグルからマイナス評価される危険性もあります。

アドセンスなどクリック報酬型広告の場合はそれ以外にやりようがないですので仕方ないですが、成果報酬型の場合は広告の貼り方に気を付けましょう。

⑥でもありましたが成果を狙うなら記事内に記事と関連するようにリンクを貼ってあげるのがベストです。


⑧単ワードの様なビッグキーワードは狙わない。2ワード以上の競合の低いワードを拾っていく

どんなに良い記事を書いても競合が激しいところでは上位表示は難しいです。

企業も競い合っているようなワードで新人アフィリエイターが勝つことはまずありません。

2ワード以上で競合が少ないワードから狙っていきましょう。

1記事1記事からの流入は少なくてもボリュームを増やせれば、大手に負けないアクセスも夢ではありません。

アフィリエイトで最も大切なのはとにかく続けること。

成果が出ない時でもどれだけ続けることができるかが成否の分かれ目です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

はなまるFX

アフィリエイト

副業の中でもアフィリエイトに特化したも記事をまとめています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。