FX取引手法を図鑑の様に絵で勉強。デイトレードやスイング、システムトレードなどが解る初心者解説

FXには秒単位~と高速で売買を繰り返すスキャルピングやデイトレード、数日単位でゆっくり取引のスイングトレード、長期で相場を見るポジショントレードなど様々な取引手法があります。

また賢いシステムにお任せするシステムトレードが充実しているのもFXの特徴です。

ここではデイトレードやスイング、システムトレードなどについて図鑑の様に絵で勉強が出来るように優しく解説。

初心者の方も簡単にFXが解るようにイラスト付きで説明していきます。


まずはFXとは何か?を漫画で解説

投資を副業として行っている人は多いです。特にサラリーマンや主婦、OLさんの副収入手段として圧倒的な人気を誇っているのがFXです。


FXの仕組みはとっても簡単!簡単に行ってしまうと為替が今よりの円高になるのか円安になるのかを予測して取引をするのがFXです。

例えば1ドル100円の時に1万ドルを買い、101円になった時に売ってしまえばそれだけでなんと1万円の利益となります。


予想通りに為替が動けば利益になりますが、逆に動いてしまったら損失となってしまいますので注意が必要です。

ただFXの場合は手元に外貨がなくても売ることができる「空売り」が出来るので、円安・円高どちらの場合でも利益を狙う事ができるのが魅力です。


FXはネットにつながる環境があればすぐに始められます。

PCはもちろん、スマホやタブレット一つあれば何時でもどこでも取引することができます。


FXでは小さな資金でも大きな取引ができる仕組み「レバレッジ」と言うものがあります。

少額取引(1000通貨取引)対応のFX会社を利用すれば4000円程度の資金からFXを始めることができます。


FXは異なる2国間の通貨を売買する取引で、FX会社は2国間の政策金利の差に応じてスワップポイントと言う値を設定しています。

この値がプラスになるような取引をすれば毎日、その値に応じた収入を得ることができます。

マイナスの場合は逆に支払う必要がありますので注意しましょう。


レバレッジを活用すれば手元資金の最大25倍もの取引をすることが可能!

資金が1万円であっても、最大25万円分もの取引ができます。


少ない資金でも大きな利益を狙えるのがFXの魅力ですが、レバレッジを大きくするほど損失側に動いたときのリスクも大きくなります。

しかしFXの場合は「強制ロスカット」と仕組みをFX会社が必ず設定しています。

資金が底ついて、さらにマイナスとなる・・まえに強制的に取引を終わらせてトレーダーの資金を守ってくれます。


FX会社は数多く在りますが特におすすめなのが「外為オンライン」。

自動で賢く売買してくれるツール「iサイクル2取引」など、優秀で便利なツールが満載の会社です。


外為オンラインの特徴は優秀ツールだけではありません。

東京はもちろん全国各地で無料セミナーを開催しており、充実のユーザーサポートコンテンツが満載!


外為オンラインについては下記のリンクでさらに詳しく解説してます。


スキャルピングとは?

数秒から数分単位と非常に短い間隔で売買を繰り返して、細かい利益を狙っていく手法をスキャルピングと言います。

あまりに間隔が短いためテクニカル分析もあまり役に立ちません。
(トレンド方向などの確認には役立ちますが)

為替は細かく常に変動しているので、超短期的に見ると売りでも買いでもどちらから入っても利益となるポイントが表れやすいです。

その瞬間を見逃さずに行えるかがスキャルピングの肝です。

ただスキャルピングは、売買を頻繁に繰り返すためFX会社のサーバーに負荷をかけやすく、多くの会社では禁止されています。

禁止されているFX会社で行うと口座凍結となってしまうので気を付けましょう。

スキャルピングがOKの代表的なFX会社と言えば、

・セントラル短資FX
・ヒロセ通商
・JFX

です。スキャルピングOKの会社はサーバー強化に力を入れている会社なので、夜など取引が活発な時でもサーバー遅延によって注文が滑る(注文ボタンを押してから確定するまでの間にタイムラグが発生する)と言った恐れが少ないのも特徴です。

またヒロセ通商やJFXでは取引量に応じて豪華な商品プレゼントやキャッシュバックを行っているので、必然的に取引量が多くなるスキャルピングとの相性は抜群です。


デイトレードとは

スキャルピングよりも長い売買間隔、数分から数時間程度の感覚で取引を繰り返すのがデイトレードです。

基本的にその日のうちに取引を完了させるので、寝ている間や長時間目を離した隙に相場が激変して対応が遅れた・・なんて心配が少なく、初心者の方もリスクコントロールをしやすい取引手法です。

株などでも頻繁に行われている人気取引手法で、投資未経験者の方でも名前は知ってるという方も多いかと思います。

チャートに現れる変動の兆しを見つけるテクニカル分析が非常に有効です。

テクニカル分析は相場の状況によって最適な種類が変わってきますので、セントラル短資FXが無料提供する「みらいチャート」の様なテクニカル分析を自動で行ってくれるツールを活用すると良いです。

またスキャルピングほどではないにしろ取引回数が多くなるので、キャッシュバックが豊富なFX会社との相性が抜群です。


スイングトレードとは

1日~数日単位の期間で利益ポイントを待って売買する手法をスイングトレードと言います。

テクニカル分析や、経済指標などから今後の相場トレンドを予測するファンダメンタルズ分析が有効です。

1日のうちにやる事と言えば、相場と指標のチェックくらいなので時間も手間もかかりません。

FX初心者の方におすすめの取引手法ですね。

気を付けたいポイントは土日を挟まない事。

FXは平日は24時間取引できますが、土日はお休みとなります。

FX取引はできませんが為替市場そのものは実は土日でも動いているため、土日に大きな事件や事故が起こると為替が大きく変動します。

変動が起きても何も対処することができませんので、週末前に一度取引を終わらせて、月曜日以降にまた再開するといったリスク回避策をとっておきましょう。


ポジショントレードとは

数週間から~数か月と言った非常に長い期間の中で利益ポイントを探す手法がポジショントレードです。

1日のうちにやるべきことが少なく、一見初心者向けに見えますが、実は非常に何度の高い取引方法です。

と言うのも、数時間や一週間程度先であればテクニカルやファンダメンタル分析である程度予測は可能ですが、数週間~ともなると為替がどう動くのかの予測が非常に困難です。

為替は常に上下変動しているので、損失側に動いたとしてもいつか戻る可能性はあります。

ただそのいつかがものすごい先になる可能性もありますし、戻らない可能性もあります。

またポジショントレード中は資産がずっとロックされている状態ですので、ほかの取引に回す分が少なくなり、短期的なチャンスを見逃してしまうかもしれません。

ポジショントレードを行う際は、スワップポイントで為替差益以外の収入も狙っていくのが良いでしょう。


システムトレードとは

最初に簡単な設定をするだけで後は賢いプログラムが自動で売買をしてくれるツールをシステムトレードと言います。

プロでも難しい売買タイミングに頭を悩ませたり、経済・金融情報を毎日チェックしたりと言った煩わしい作業から解放された上でプロ並みの取引を実現できるとあって、非常に人気の高い取引方法です。

その性能の高さからプロの方でも自分取引のほかにシステムトレードを併用して活用するほど!

特にインヴァスト証券が提供する「シストレ24」はシストレの代名詞となるほどに有名&人気のツールです。

世界中のプロが作ったプログラムの中から厳選して無料提供しており、ユーザーはその中から今の相場にピッタリなものを選ぶだけ。

またどれが今の相場にあっているのかアイコンで分かりやすく表示しているうえ、過去の成績も公開されているのでプログラム選びにも迷う事はありません。

相場状況が変化しても自動で最適なプログラムにチェンジしてくれる機能もあるので、どんな相場でも安心して取引をお任せできます


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

はなまるFX

FX

FXに関するノートをまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。