見出し画像

日本とアメリカ 美容の違い

日本とアメリカ 美容の違い

こんにちは! お店を出す前に3年ほど New York で働いていましたHananoのShinです。

渡米生活は面白くて短いような長いような、なかなかの刺激的な3年だったと思います。

たまに思い出話をお客さんやスタッフとしたりします。

そうすると、よく聞かれるのが

「日本とNew Yorkの美容室の違いってどんな感じですか?」

勝手な僕の主観ですが、正直テクニックに関しては日本人の方が上手いというのが実際のところではないでしょうか。

じゃあ行った意味あるの?って言われそうなんですが、僕はあっちに行ったおかげで色々なことを学ぶことができたと思います。

色々ある中の一つが 「チップ制」
まず、基本的にあちらはカット料金に10~20%前後 チップをいただけます。

僕が働いていたサロンはカットが70ドル(日本円で7350円)だったので平均のチップは大体10ドルくらいです。

カットが終わって帰り際お客さんに直接「Thanks 」とか言って渡してもらえるという感じです。

日本と違う文化ですね。

日本から来た旅行者からすると計算もめんどくさいしなんで?と言われる制度ですが、このチップの制度おかげで僕は自分の正当な評価というのを知ることができたと思います。

スタイリストデビューしたくらいの時に担当した白人女性のお客さんにカット終わりに

「It’s much better, thank you so much」(良かったよ、ありがとう)

ニコニコしながら渡してくれたチップの額が5ドルでした。最初はそんなものかと思っていました。

しかし、次の来店でスタイリストMさんがその人を担当し帰りに20ドルを渡しているのを見てしまいました。

「なんでー⁉」

ショックでしたけど勇気を出してMさんに聞いてみました。

Mさんは僕より2歳上で在米10年くらいの女性スタイリスト。そのMさんに言われたのが、

「Shinは彼女の言われた事しかやってないからじゃない?」

「ガーン!」

本当に頭を何かで叩かれたくらい響きました。

それまでの僕は「お客様の言う事に答える」というスタンスだったのです。

お客様の言われたとおりにお客様のなりたいスタイルを作っているだけでした。

もちろん英語が不得意だったという事もありますが、この日以降 積極的にその人に似合いそうなスタイルを提案していくというやり方に四苦八苦しながら変えていく事にしました。

そうすると少しずつでしたが、チップの額が上がっていきました。

下手な英語ですが必死に提案をして説明しました。するとお客さんが

「OK. I trust you 」(わかった、任せるわ)

と言って切らせてもらえる

自分で提案したスタイルだから絶対に失敗できない。

頑張って切る。

お客さん喜ぶ。

チップが多い ‼

こんな事がよくありました。

自分のやり方を変えた数カ月後に5ドルの白人女性を担当することになりました。

言われただけにならないように一生懸命頑張りました。

帰り際に

「It’s much better, thank you so much」(良かったよ、ありがとう)

と言って渡してくれたチップは15ドルでした。

これは本当に嬉しかったです。

お金だけのために働いていたわけでは無かったんですが、このチップのおかげで本当の意味でお客さんが求めている事というのが分るようになった気がします。

お客さんがやってほしい事を理解してその上で提案をしていく。チップという制度があるから、自分のやった事が良かったのかどうかがよく分かりました。

今、Hananoでもこの経験を生かして「先読みをして提案する」というのをスタッフとも話し合っています。

あまり押し売りにならないように、お客さんに寄り添ってカウンセリング出来たらいいなぁ と思ってます。
あと、もらったチップは大事に近所のBarのお姉さん達に還元していました。世の中上手くできてるなーと思ってました。(笑)

Hanano shin

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

hanano

青山一丁目のヘアサロン美容師目線での色々な話をつらつらと
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。