見出し画像

呼び名を決める

お店のルール(呼び方)

Hananoの中にいくつかルールを設けたんですが、その中の一つを紹介します。

・スタッフ同士の呼び方

①下の名前で呼ぶ

まず、「アメリカのスタイル」と言うと恥ずかしいのですが、あっちではファーストネームで呼び合うのが当たり前なので、スタッフ同士でも苗字ではなく名前で呼ぶ事を決めました。

コレのおかげだけでは無いとは思いますが、スタッフ間のコミュニケーションがより密に取れているのと、基本ファーストネーム(いつも呼ばれない名前)で呼ばれるのは仕事の時でオンオフの切り替えが付きやすいと後付けで分かりました(笑)

②必ず「さん」「くん」を付けをする

どんなに立場が違っても呼び捨てをしない、この事をお店のルールにしました。技術職でどうしても縦割りになってしまうこの業種です。なので必ず敬称つける事をルールとしました。

そのおかげか、何かで注意をするときや叱るときに「さん」や「くん」が付いていると敬称がワンクッション入るのでシリアスになり過ぎずに雰囲気が きつく ならなくなりました。あとお客さんの前で名前を呼ぶときの優しい感じが出るので客観的に見ても和気あいあいと見えているんじゃないでしょうか?

たかが呼び方一つですが、こういう小さなルールを作って守ることでお店のトータルの雰囲気が出ると思います。もちろん呼び捨ての方が心の距離が近くなる等の考え方もありますが、Hananoでは信頼関係を呼び方で近づけるより、日々の美容のことで近づけたいですし、アシスタントとスタイリストが本当の意味で楽しく働ける現場をみんなで造っていきたいと思っています。

たかが呼び方、されど呼び方。

Shin

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

hanano

青山一丁目のヘアサロン美容師目線での色々な話をつらつらと
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。