ホップの育て方Q&A

■はじめに

ホップを育てているうえで、様々な事が沢山あると思います。植物の姿は、良いことも悪いことも管理した日々の表れです。まずは、植物の日々の姿を観察し、物言わぬ植物からのサインを見逃さない事が、植物を元気に育てる第一歩です。また、ホップの育て方の記事を読んでみて、大きく逸脱している部分がないか、明らかな不足の管理はないか、照らし合わせていただければ植物の求めている事に近づくかと思います。この記事が、植物の健やかな生育のお役に立てれば幸いです。

■花、毬花でお困りの場合

〇花が咲かない
株が充実出来ない、もしくは出来なかった理由があると考えられます。畑の場合は肥料や有機質分、土壌改良剤の与え方等に原因がある場合があります。鉢植えの場合は、概ね水やりや肥料が足りない、鉢が小さい、脇の芽が沢山伸びすぎた等が原因ですが、様々な管理の面でも上手くいかないと開花までたどり着かない場合があるので、今一度、育て方を見直してみましょう。尚、葉に明確な異常がある場合は、病害虫によって充実出来なかった可能性が高いです。

〇花は咲いたが茶色くなった
主に水不足、ハダニの害が考えられます。開花期に水不足がひどい場合、症状はまず花と枝の先端に出ます。水が不足するのは主に鉢植えの場合ですが、その原因として、そもそも水かけの量が足りてない、根の量に対して鉢が小さい、鉢に植え付けて何年も植え替えてない、根が古くなり水分の吸収力が落ちている等が考えられます。用土の改良や水かけ管理の徹底などが必要となります。また、ハダニ等も病害虫の場合も花が茶変する場合がありますが、それよりも先に葉も異常が出ます。生育時点で葉に異常が確認できたら、適応の薬剤を散布することで、花に害が出ることは防げます。

〇花後、毬花にならない、大きくならない
水、肥料不足が考えられます。ホップの生育の上で、水と肥料を最も必要とする期間の一つが、花から毬花に肥大していく過程の期間です。その期間の水と肥料の管理を見直すのは勿論、他の期間でも株全体の肥料や水が不足が起こらない様、育て方の肥料、水やりの項を改めて確認し、生育期間トータルでの管理計画、見直しをしてみましょう。

〇収穫した毬花は自然乾燥ではダメなの?
毬花は収穫後放任していると数日で酸化し茶変してしまいます。茶変した毬花は香りも落ち、見た目もあまりよくありません。何かに利用したい場合は、温風で乾燥するか、もしくは直接冷凍庫に入れることをお勧めします。

■葉の様子でお困りの場合

〇葉に斑点がある
サビ病や黒点病、ベト病等病気、もしくはハダニや飛来害虫の食害の可能性があります。数個見受けられる場合は、初期症状なので、斑点の葉は取り除き、念のため殺ダニ剤、及び殺菌剤を葉の裏を中心に株全体へ散布します。また、生育不良等から若干の斑点を生じる場合もありますが、この場合は管理を改善すれば問題ありません。

〇葉の色が薄い
水及び肥料不足が考えられます。今一度育て方を確認し、水やりや肥料の与え方等を改善します。品種によって、葉の色が元々薄い個性のモノもあります。葉の色が薄くても枝が元気に伸びている場合は、この個性によるものです。

〇葉が小さい
根の周りの環境の問題が考えられます。鉢植えで考えられるのは鉢が小さく根が窮屈であることで、植え替えや株分けなどで改善されます。また、植え付けに使った土があまりよくなく、新しい根が伸ばせない為、葉が小さくなるということもありますので、鉢から株を抜いてみて、根の周りを確認してみましょう。また、開花期より後に伸びたツルの先端の方の葉も小さいですが、その場合は植物としての生理現象で特に問題はありません。

〇葉の表面が白く粉の様になっている
うどんこ病によるものです。適応の薬剤を散布しましょう。

〇下の葉が茶色、黄色くなる、落ちる
水と肥料不足、根の周り環境の問題が考えられます。生育期に水や肥料が不足すると、先端の若い部分を生かす為、下の古い葉を落とし始めます。水不足、肥料不足は様々な管理面での問題の表れですので、今一度育て方を確認して、不良な点は改善します。

〇葉に穴が開いたり、削れた様な跡がある
飛来害虫、毛虫などが原因です。穴をあけるのは概ねコガネムシ等です。毛虫は葉の他に毬花も食害するので相応の薬剤を散布し、被害が広がらない様にします。

■ツル、枝の様子でお困りの場合

〇ツルがあまり伸びない
様々な要因が考えられます。葉を確認し異常がある場合は病害虫が原因の可能性があります。鉢等から株を抜き、根に異常がある場合は、土に問題がある可能性があります。どちらも正常の場合は、ツル上げの時期が遅かった、水やりや肥料など管理面に問題がある可能性があります。どれもすべて完璧である場合は、ベト病の可能性があります。改めて育て方を確認していただき、不足な点を見つけ、改善してく方法が一番の近道です。

〇去年はツルが沢山伸びたが、今年は伸びが悪い
鉢植えの場合は根詰まりの可能性があります。鉢植えの場合、大きな鉢に植えてもあっという間に根詰まりを起こしてしまうことが多いです。また、前年が元気に伸びたら伸びだだけ、同時に株も大いに充実しているので、管理の良かった証拠とも言えます。春先の株こしらえの際には、あまり大きな株のままで植え戻さない様に、コントロールするとよいでしょう。

〇ツルが折れた
折れたことによりすべてが枯れる、という訳ではなく、主幹から脇の芽がどんどん出てくるようになります。その中から高い位置で元気に伸びる脇の芽を代わりの主幹として育てると良いです。ただし、開花まで成長してくれるかは折れた時期や生育しだいとなります。

〇ツルが沢山出すぎる
ホップは土の中に地下茎という茎を這わせ、広範囲に芽を出したい植物です。ツルが沢山出るのは本来の強さの表れで、ホップなりの工夫でもあります。ですが、そのまま放任しておくと、養分が分散しすぎてしまい、生育の緩慢、花が咲かない、葉に異常が出るなどの弊害が出てきます。畑の場合は3~4本ほど、鉢植えの場合は2~3本までにとどめ、それ以上のツルは地際から都度刈り取ります。また、ツルの節から出る脇の芽もある程度の高さまでは剪定、及び摘心すると良いです。詳しくは育て方のツル上げ以降の管理をご参照ください

〇ツルの先が枯れた
肥料不足や水不足など管理面での原因、気候面の原因が考えられます。今一度育て方を確認して、根が十分に育てる環境を整えます。また、強い風や遅霜や遅い雪やヒョウなどの異常気象などで傷んでしまう場合があります。その後は上記の「ツルが折れた」と同じような管理をすると良いです。

〇ツルがうまく絡んでくれない
ツル上げが遅れたこと、用意した紐に原因が考えられます。ツル植物は何かに絡んで上へ上へと伸びたい、伸びる事が必要な植物です。ツル上げが遅れると、脇の芽の伸ばしてでも上へ伸びる生育に変更され、主幹の勢いが落ちます。勢いの落ちた主幹は元気に伸びない為、うまく絡めなくなってしまいます。また、紐があまりにツルツルで絡めない場合があります。麻ひも等絡みやすい紐を用意しましょう。

■根の様子でお困りの場合

〇根が黒ずんでいた、ドロッとして腐っている様だ
土が合わない、水の抜けに問題がある可能性があります。黒ずんだ部分、腐っている部分を取り除き、新しい土を使って植え替えます。また、畑の場合は水たまりになり水がいつまでの溜まっているような場所、鉢の場合は鉢底に皿を置いたり、鉢底に水が溜まる様なタイプの鉢の場合は、土ではなく水がうまく抜けない事による根腐れの可能性が高いです。畑の場合は暗渠等で排水の改善、鉢の場合は皿などに水をためない様な改善が必要です。尚、中心部の根の塊の部分が腐っていなければ復活の可能性は高いです。

〇根がすごい量でどうしたら良いかわからない
まずは、育て方の株こしらえの項をご参照ください。根をそのままにしておいて良いことはあまりありません。毎年、株こしらえを行い、根がすごい量にならない様コントロールをしてください。

■株全体の様子でお困りの場合

〇全体の葉が一斉に萎れ、その後戻らない
根に問題があった可能性が高いです。上のツル、葉をある程度切って整理し、鉢から株を抜いてみて根の様子を確認してみてください。根が黒く腐ったような感じであれば、土、及び排水に問題があったと思われます。対処は同ページにあります「根の様子でお困りの場合」の項をご参照ください。また、根は元気そうだが地中で切れている、土の中に幼虫の様な虫がいる場合はネキリムシ等の害虫による被害です。適応の薬剤を散布するか、新しい土に代えて植え替えます。

〇元気であったが、突然として全体の枝の伸びが悪くなった
様々な原因が考えられますが、必要な時期に必要な管理には至らなかった可能性が概ねの理由かと思われます。ホップには水や肥料が多量に欲しい時期があります。(その時期は育て方の水かけ、肥料の項をご参照ください)計画通りの水やりや肥料を与える様にしましょう。また、開花期以降は、花に力が回るのでツル自体の伸びが緩慢になります。この場合は生理現象ですので問題はありません。

〇苗を植え付けたのち、枝葉の動きが全くない
ひとまずは、様子をみてみてください。植物は根を伸ばして、それから枝を伸ばしていきます。今は大きな場所に移されて喜んで根を伸ばしている段階かと思うので、様子を見てみていただければ幸いです。また、植え付けて数週間経っても伸びない場合は、土に問題がある可能性があります。根の様子を観察して、黒かったり腐っている、または全く伸びていない場合は、新しい土に代えて植え替えます。

■育てる環境や方法でお困りの場合

〇暑い地域だけど育つの?
育ちます。様々な地域の方々に苗をご購入頂き、育てていただいておりますが、概ね元気に育っている様です。また、2018年の猛暑(数年ぶりに日本の最高気温が更新された年)でも、関東、関西、それ以西の地域でも毬花まで到達しておりました。気温は生育にも関係ありますが、概ね収穫量の多少に関わる様で、暑い地域は寒い地域に比べ収量が少なくなるようです。

〇日光が当たらない、もしくは数時間しか当たらない
難しくなりますが、育てることは可能です。日が当たらない事によるデメリットは、ツルが軟弱伸びる事からくるツル管理の繁忙と病害虫が発生しやすくなる、花の数が少なくなるといった点です。逆にメリットとしては、乾きづらいので水不足の心配が少ない、小さめの鉢でもツルを大きく伸ばすことが出来るといった点です。ベランダ等の狭い場所で育てたい場合、水管理が不安だという場合は、あえて日光が当たらない半日陰で育てるのも1つの方法かと思います。

〇大きな鉢は置けないので小さな鉢で育てたい
基本的にはオススメしません。小さい鉢だと鉢に合わせてツルもあまり伸びず、花が咲かない場合が多いです。どうしても大きな鉢が置けない場合は、口径が狭くとも出来るだけ深い鉢で育てると、花まで咲く可能性が幾分高まると思います。

〇忙しくて頻繁に水かけ出来ないけど大丈夫?
大丈夫ではありません。水管理に不安がある場合は、畑か庭に植えてください。鉢の場合で水管理が出来ないという場合は、ホップを育てる事自体を諦め、自分の生活サイクルの水管理で育てれる他の植物をお探しいただいた方が良いかと思います。

〇なるべく伸びない様にしたい
ホップは伸びる事が必要な植物なので、難しいです。あまり伸びられては困る場合は、育て方のツル下げの項をご確認頂き、頻繁なツル下げを行うと低く仕立てることは出来ると思います。

〇花はいらないからとにかく茂らせてグリーンカーテンにしたい
枝の剪定を繰り返すと、枝分かれが促進されて、1株でも沢山の枝葉を茂らせることが出来ます。

■最後に

ご質問やご不明な点等ありましたら、お気軽にコメント欄などへご連絡ください。
2018/08/18公開

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは紹介した植物の苗の生産維持拡充、記事の充実に利用いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

12

ホップの育て方

コメント3件

こんにちは。今年の夏に御社より苗を購入致しました。猛暑だった所為もあるのか、いくつかはなかなか伸びずに幾分涼しくなってからまた元気に伸びてきました。苗によっては猛暑に耐え、5mくらい伸びてます。notoの記事も非常に助けられてます。そこで質問なのですが、いくつか蔓を剪定し、勿体なかったので10cm位の育成ポットにて挿し木を試してみてます。根は出てまして、蔓は5〜20cmくらいまで伸びてるものもあります。この状態ですと越冬には室内が望ましいでしょうか?その場合は伸びてくる蔓は剪定した方が良いでしょうか?ご教示頂けますと、幸いです。
コメントありがとうございます。記事が役立ったようで何よりです。挿し木苗は寒すぎず、暖かすぎない程度での越冬の方がよいかと思います。具体的には、雪が積もる様な状況下ほど寒くなく、ツルが伸びてくるほど暖かくはない場所という感じです。おそらくは室内の暖かい場所に置くとツルが伸びてくるかと思いますので、玄関とかある程度寒いような場所に置いておくとよいかと思います。ツルが伸びてくるようであればある程度は伸ばしていてもよいかと思いますが、あまりにも伸びるようであれば剪定した方がよいでしょう。ご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
お忙しい中ご返答頂き、ありがとうございます。具体的な目安を頂き、大変助かります。今後とも、宜しくお願い致します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。