見出し画像

振りきる勇気

しくじった、ミスったな、失敗したなと感じるとき。

その場合、たいてい自分のミスや準備不足なわけです。

失敗した理由、当時の事情など、失敗した原因も誰よりも自分が分かっていることのほうが多いです。

私自身も、何とかしなければと焦れば焦るほど、頭が真っ白になったり、体調を崩して休んだり、余計に周りに迷惑をかけてしまっていました。

周りからも批判され、さらに体調を崩す悪循環。

最近は、何を言われても「うるせぇバカ」と批判を受け流せるようになりましたが笑。

失敗したときこそ、自分のできることは何なのか冷静に考えるべきです。

自分のできることに振り切る。

出来ないことは、他の人に助けてもらい切る。

批判してくる人は全力で無視する。

目の前のことを全力で取り組むことでしか、問題は解決しないのです。

今は、チームメンバーがミスをして焦っていることがよくあります。

まずやるべきことは何か。

フォローできることはあるか。

やらなくてもいいこと、切り出せるタスクはないか。

とにかく自分自身が冷静であることと、決断をすること。

そして、助け合えるような環境を作ること。

リーダーとしてあるべき姿を今後も目指していきたい。

那須川天心と堀口恭司。

2人の天才は、相手のことも自分自身のことも常に客観的にみている。

だからこそ、強いのだ。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたのために頑張ります!
15

たかぱち

32歳になりました。 システムエンジニアをしています。 しろくまが好きです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。