見出し画像

【再確認】

こんにちは。鹿児島ユナイテッドFCの韓勇太です。プロサッカー選手として闘っている過程を皆さんと共有出来たら、自分自身にとっても、皆さんにとってもポジティブなものをもたらしてくれるのではないかと思い、noteを始める事にしました。拙い文書ですが、是非読んでくさい!

7/27(土)Vファーレン長崎戦
前半で交替を命じられた。自分自身もプレーしながらそんな予感がしていた。プレーの質ももちろん良くなかったし、走ってもいなかったから、試合を見ている人達にもそう思われてただろうし、監督がどういう意図を持って交替を命じたかは分からないけれど、僕はかえられるべくしてかえられたと思っている。

気持ちの部分で一切試合に入り込めてなく、集中力に欠いたいい加減なプレーをしていた。ストライカーの仕事である得点に対しても、正直なところ決まればいいやくらいのモチベーションだったし、チームの勝利のために走ろうという考えは頭の隅にも無かった。

僕は自分自身のプレーの8割を「気持ち」が占めていると思っている。

自分が良いパフォーマンスを発揮して、チームに貢献できている時はきまって「気持ち」の準備の段階で圧倒的な違いがある。

この自分の「気持ち」が皆さんにどれだけ伝わるのか分からないが、男としてのプライドを持ち、応援してくれている家族の想いも乗せ、目の前の相手には何もさせずに圧倒するんだ!という心構えで試合に臨めた時は自分のなかでも違うものを感じる。

Vファーレン長崎戦はこの一連のパターンを分かっているにも関わらず試合に入るまでの期間でこの「気持ち」の準備を怠り、乗せきれなかったし乗せようとしてなかった。むしろこれくらいの心構え、覚悟を持って闘えてる試合の方が正直少ないかもしれない。

原因は何なのか自分でもはっきりとした答えはまだないけれど、「気持ち」の準備をしっかりと行い、心構えを乗せられた試合後の事を振り返ってみると、少し答えが見える。

そのような「気持ち」と心構えを持って闘えた試合の後というのは達成感を感じると共に肉体的なダメージと精神的な疲労を結構なレベルで受けてしまうのだ。

だから次の試合に向けて準備をしようとすると、まずそのダメージが頭をよぎる。そうなった時の僕は別人のように弱い。

その事をハッキリと表してくれた試合が7/27のVファーレン長崎戦だった。これはコンディションとはまったく関係のない話。僕は「気持ち」の部分がすべて。

そのようにして長崎戦の後はまた自ら壁に当たってしまった。こうなると「気持ち」を無理矢理持ってこようとしても、なかなか上手くいかないのが現実。3試合連続ベンチ。明らかだった。

ただこれまでも同じような失敗があったからこそ、その壁をどう乗り越えれば良いのかというのも明確にあった。


8/11(日)東京ヴェルディ戦
前期のヴェルディ戦で2得点を決めたけれど、決してヴェルディとの相性が良いとかではない。僕は自分が相性が良い、悪い相手なんかいないと思ってる。たまたま同じ相手であっただけ。

結局この試合もベンチスタートだったが、自分の中で、やってやるぞというギラギラ感を感じる事が出来た。

それはスタメンを勝ち取りたい、監督を見返してやりたい、両親のために、世界に出たいという自分の野望、おそらくこの全ての想いが入っていたと思う。だから自ずとあのようなプレーになる。自然に体が動く。

正直プレーの質自体は高くなかったし、途中から出場してバテるのもあり得ない。自分はフィジカルが持ち味なのにゴール前でアシストはついたものの倒れてしまった。最後のPKなんかは問題外。

このように改善、レベルアップしていかなきゃいけない事は山ほどあるけど、やっぱり韓勇太というサッカープレイヤーは「気持ち」そのものなんだという事を再確認出来た試合になった。

プレーの質のところではもちろん、振り返らないといけない部分もあるし、反省点は多いけれど、そこに関しては冷静に分析し、練習からコツコツとやっていくしかない。日々の努力でレベルアップする事でしかそこの壁は超えられない思ってる。そこは大前提で誰よりも努力をする。


そして「気持ち」の部分は今回また再確認する事が出来た。この「気持ち」は簡単なようで難しい。だからこそしっかり自分と向き合って、弱い自分に負けないように。1番は自分と闘っていこうと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

74
朝鮮大学校サッカー部➡️松本山雅FC➡️鹿児島ユナイテッドFC(NO.28)

コメント4件

韓勇太さん、こんばんは。鹿児島ユナイテッドFCのサポーター1年目の者です。
いつも試合や練習を拝見させていただいています。
こうして韓勇太さんが自分の言葉で自分の「気持ち」のことや考えていることを書いてくださることで、いちサッカー選手として、そして、ひとりの人として、韓勇太さんのことをより多く深く知ることができてとても嬉しいです。
とても厳しい世界にいらっしゃると思います。
私たちサポーターはいつでも応援しています。
これからも楽しみにしています😊
こんにちは。
いつも応援させてもらっている者です。
プロという世界は、私達には想像できないほど厳しい世界だと思います。
でも、ヨンテ選手はしっかりと冷静に自分の分析をし、現状を受け止め、それを言葉にすることで前に進もうとしてますね。
それは、私達サポーターにとっても大きな勇気になるしヨンテ選手自身が何より大きく前進していくスタート地点に立ったのだと、私は思います✨
ありがとうございます。引き続きハングリーに頑張っていきます!
私は開幕戦を見て、ヨンテ選手のポテンシャルの高さに驚きました。今は気持ちに迷いがなく、おのずと結果もついてきてますね。鹿児島を踏み台にして世界にいずれ羽ばたいて下さい!応援してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。