キャリアOL 美奈子編 第1話 「デキる女って何ですか?」


大手化粧品メーカーに勤務するキャリアOL 白石美奈子・33歳。仕事もプライべートも充実している阪急MUSEの12月になにが始まる?

第1話「デキる女って何ですか?」


月曜朝7時。
肌触りの良いリネンに包まれて、美奈子は大きく伸びをして目覚めた。キッチンで、夫が淹れたコーヒーの香りが、寝室まで届く。

「美奈子、今日も遅い? 俺今夜、フットサルしてそのあと飲み会もあるからちょっと遅くなるかも」
「そっか、そういえば今日フットサルの日だね。じゃあジムにでも行ってこようかな。楽しんできてね!」

『しまった』と思いながら美奈子は答えた。月曜夜はフットサルだった。久々に早く帰れそうな夜に限って、夫の健太とは予定が合わない。そんな小さなすれ違いが、最近は増えている。
北浜にできたタワーマンションに引っ越してきて早3年。毎朝最寄りの駅までの道のりを一緒に歩き、それぞれの会社へと向かう。美奈子は、梅田駅前の高層ビルにあるオフィスに着いた。

秋のはじめに買ったザネラートのトートバッグからボナベンチュラのスマホケースを取り出し、スケジュールを確認する。

今日はNY在住のメイクアップアーティストが来日してのタッチアップイベントだ。バタバタと準備をしながらベイジ,のネイビーのジャケットをはおってオフィスを出ようとしたとき、不意に西島マネージャーに呼ばれた。

「白石ちゃん、ちょっといいかしら。クリスマスイブのプレスイベント、最終の招待リストってもうまとまってる?…」

「はい!先週末に最終調整が終わったので、今日中にご報告します!」

毎年クリスマスイブのプレスイベントは、 各プレスや取引先関係者、タレントやお客様を呼んで行う盛大なものだ。この責任者に抜擢されることは、美奈子にとっては入社したときからの、憧れの仕事の1つだった。

新卒で入社して、もう10年。入社当時の美奈子は、どちらかというと地味な部類の女子社員だった。化粧品会社には、雑誌でモデルをするような、垢抜けた女の子がいっぱいだ。さっぱりしすぎた自分の顔がずっとコンプレックスだったけれど、10年も化粧品会社にいるおかげか、コスメの力で大人の女の華やかさとやらを手に入れた。

–––コスメって本当にすごいなあ
というのを身をもって実感し、この仕事を続けてきて、いま本当にこの仕事が好きで、楽しいのだ。化粧室でトレンドのマットリップをさっと塗り直し、美奈子は急いで会社を出た。

タッチアップイベントから戻ってエレベーターへ乗り込むと、同期の向井くんと一緒になった。

 「あれ?白石!」
「あら、向井くん!何だか久しぶりだね」
「白石、最近どうなの?俺、来月から海外戦略室のマネージャーやることになってさ」
「え?そ、そうなの?すごいね」

女性の多い同期の中で、男子はただでさえ目立つ。国立大学卒のエリートでイケメンの向井くんは、もはや謎めいた存在だ。出世欲があるようには見えないし、何で化粧品会社に入ったのかも謎だ。

「35歳までに海外赴任したいと思っていたから、ちょっとは近づいたかもしれないなと思って。別に偉くなりたいわけじゃないんだけどさ」

–––なるほど。向井くんは海外に行きたかったのか。私は、どこへ行きたいのだろう。向井くんが海外へ飛び立つころ、私はなにをしているのだろう。 美奈子は、ニコニコと話す彼の顔をぼんやりと見つめていた。

素顔の私。


「はぁ〜、疲れた」

今日は早く帰れそうだと思っていたが、結局いつものように残業をして、ジムには行けずに家に着いた。
洗面所に直行して、最近お気に入りのヒノキの香りのルラボのハンドソープに包まれた後、丁寧に化粧を落とし、ふかふかのボリュームが最高な今治のイネスの真っ白のタオルに顔を埋める。

鏡の前の私は、[大人の女の華やかさ]を
落としたすっぴんの私だ。

キッチンの冷蔵庫からクラフトビールのボトルを取り出す。健太と一緒に選んだお気に入りのソファに腰掛けて、ビールをグラスに注ぎ、Netflixでハマっているドラマの続きを再生する。

 「海外赴任、かぁ」

昼間の向井くんの言葉を思い出し、ぼんやりと物思いにふけってしまう。いつも楽しみにしている恋愛ドラマも、全然頭に入ってこない。
健太は見ない恋愛ドラマの続きを見るチャンスだったけれど、今夜は気楽なグルメドラマに切り替えよう。中年の紳士が一人でおいしい店を食べ歩くものだ。ビールが進み、美奈子はいつの間にか、ソファで眠りに落ちていた。



〔HANKYU MUSE〕は、
阪急百貨店うめだ本店ファッションフロアのオウンドメディアです。
今回掲載している商品はすべて阪急うめだ本店で販売しております。

〈ボナベンチュラ〉iPhoneX/Xsケース 14,040円_1階 財布売場
〈ベイジ,〉ジャケット 42,120円 ニット 24,840円 パンツ 25,920円_4階 ジョゼフ ザ ストア
〈ザネラート〉バッグ(約W39×H30×D15.5cm)89,640円_1階 バッグギャラリー
〈ルラボ〉ハンドソープ(250ml)3,024円 ハンドローション(250ml) 4,104円_3階 HANKYU BEAUTY(化粧品)
〈イネス〉タオル(S) 1,080円_7階 タオル・バス用品売場
〈ホワイトキューブ〉タンブラー(W7.3×D7.3×H8.4cm)756円 歯ブラシスタンド(W7.4×D7.4×H8.4cm)1,296円_7階 タオル・バス用品売場

第2話「胸騒ぎのベビーシャワー」へ続きます。
専業主婦ママ 亜弥編もぜひご覧ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

HANKYU MUSE

#小説 記事まとめ

note内に投稿された小説をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。