はおり

スキ・コメントいつも本当にありがとうございます。 皆さんに愛されて、私はとても幸せです。 はおりは女性です。21歳であり、日本のどこかに生息しています。 生きづらさを覚える世の中、何だか私は人よりも繊細で、生きにくいように見える。
固定されたノート

ゾロ目の年

満22歳となる1ヶ月後の私は、どんな心持ちでその一年を終わらせるのだろうか。

8月に誕生日を迎える私は、もうじき22歳となるので、この21歳という年齢に刻んだ歴史とこれから先に待ち受けるであろう歴史を感じて頭を悩ませる。

思えば21は多くの変化が現れる年であった。大学を中退する決意を固め、6年半続いた大恋愛に終止符を打ち、詩を書くことを趣味としたのも21歳であった。また、親元を離れて遠くへ旅行

もっとみる

なんて幸せなんだろう

自分が幸せだと思い込みたいだけなのです。思い込みたいのですが、それが叶わない時、大不幸を感じずにはいられません。

大不幸を感じるとき。

持ってあと10ヶ月と言われた爺ちゃんに毎日会いに行かないと、彼はヒステリックを起こし、誰かが出るまで家の受話器をかけ続けるとき。

せん妄が入っているので、家にいるばあちゃんに話が通じないと判断されたら、家族の片っ端から携帯に電話をかけまくること。

父が窓を

もっとみる

カナダへ行きたい

カナダへ行きたい。

きっとそれは人が良く、穏やかで、この国よりもずっと涼しいところだろう。

カナダへ行きたい。

ホームステイしたホストファミリーの食卓を、まるで1人の子供になったつもりで囲み「美味しい」と言って食べたい。

カナダへ行きたい

一歩外を歩けば違う鳥、違う犬、違った言葉を喋る人、頭にさわやかな風が流れ込みそう。

カナダへ行きたい

都会にも田舎にも足を運んで、その違いを実感し

もっとみる

慣れない場所

昔からの知人と、遠出をすることになったので駅に集まることにした。その駅はわたしの馴染みのある最寄駅よりかは遥かに都会で、まるで都会の見知らぬ街へ、迷い込んでしまったかのように感じた。

駅の中に潜んでいたビルの中は、一段と照明が店内を照らしており、コンクリートで造られた地面と、歩く都会の装いをしている人々と、そんな中馴染めずにいる田舎者の自分とを情けないぐらいのコントラストで埋めていた。

ただ立

もっとみる

私の音楽観

他人と自分で、音楽の楽しみ方が違うなあと、最近気がつきました。私が学生の頃に特に意識していたのは「心掴まれる歌詞であるかどうか」であって、そうでない音楽はあまり見ませんでした。

しかし、今の私は、ほとんど歌詞の意味を成していないものでも良くて「いかに自分の耳が喜ぶか」を重視している気がしてきました。耳が喜んでその音を聴いているのならそれ以上のことはなくて、心と耳とが踊るものを見分けて、何度も再生

もっとみる

未練はありません

清純な少女でいるよりも、不純な賢さを取って自堕落していくのでした。

髪がなびく物語を最後にして、清純少女は賢くなれず、愛に精述されぬまま殺されるのでした。

誰も見向きもせず、自らゴミに投下したあと首がもげました。世界が私を無しにして動くのは素敵な心持ちで。

それはそれで居心地良く

無念であるけれど

さよならと天へ仰ぐのでした。

全て私の所為です。という曲を聴いた後に閃いたものでした。あ

もっとみる