見出し画像

慣れない場所

昔からの知人と、遠出をすることになったので駅に集まることにした。その駅はわたしの馴染みのある最寄駅よりかは遥かに都会で、まるで都会の見知らぬ街へ、迷い込んでしまったかのように感じた。

駅の中に潜んでいたビルの中は、一段と照明が店内を照らしており、コンクリートで造られた地面と、歩く都会の装いをしている人々と、そんな中馴染めずにいる田舎者の自分とを情けないぐらいのコントラストで埋めていた。

ただ立っているだけではみっともないから、仕方なく近くにあったカフェに入った。私に選ばれた飲み物は、ヨーグルトとフルーツ味で作られた液体で、その液体が上下に隔離されているかのように並んでいた。ヨーグルトはトロトロ、フルーツ味の液体はサラサラ…同じカップの中にあるのに、まるで別々の世界に存在しているかのようである。

味を確かめるようにストローをすすると、今まさに私がその状態なのではないかと感じた。いくらストローで混ぜても混ざり切らないこの液体は、生まれも育ちも田舎な私には、見苦しく、不釣り合いな空気を感じさせた。

しかし、その非日常感が私を、綺麗な街並みによく似合う都会のお姉さんにさせているのもあり、さらに気品の溢れるたたずまいをしたがるという気持ちも感じさせたワンシーンとなった。ああ、恥ずかしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここを押すと、 私に少しだけ投げ銭できるというシステムらしいです。 私を応援したい方、お財布に余裕があればサポート等お願いします!

貴方の応援が力になります
14

はおり

スキ・コメントいつも本当にありがとうございます。 皆さんに愛されて、私はとても幸せです。 はおりは女性です。22歳であり、日本のどこかに生息しています。 生きづらさを覚える世の中、何だか私は人よりも繊細で、生きにくいように見える。

コメント4件

ああ、恥ずかしい。この言葉が、文章全体を引き立てているように感じました。日記なのに小説のような・・・。
はおりさん、絵になってる。カッコいいですね。
tagoさん
そこにオチのようなものをつけて、少しクスッと笑えるようにしたつもりです。
なるほど、小説にも見えるのか…よく言われます。私の文章は小説っぽいって。
優まさるさん
絵にならずに情けなく思う私を見ていただけたらと思っています。
何度も行ったら馴染むのかなあ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。