柳澤透

英語/スペイン語/海外駐在/投資/為替/旅行/東京海洋大学卒 何卒よろしくお願いいたします。

時候の挨拶の仰々しさについて考えてみた

例.)天高く馬肥ゆる秋

手紙を書くとき、時候の挨拶はなぜこんなに仰々しいのかと考えたことはあるはずだ。

一種の”たしなみ”であるので回数を重ねるごとに日常的なものとして扱えるようにはなるがやはり”仰々しさ”や”かたさ”が感じられる。

なぜ時候の挨拶を書くのか。

無からコミュニケーションを築く第一のアクションとしてなぜこんなに大げさなのか。

そんなことを考えていたが、日々の生活で使っている

もっとみる

会社を辞められない愚か者ども【円満退社の罠】

会社を辞められない愚か者ども

「円満に退社したい」

結論から言ってこれは不可能だ。

退職理由の大半は人間関係によるものだ。

人には承認欲求というものがある。劣悪な環境、劣悪な人間関係にあっても人から承認されたい欲というものが存在し、それを満たしてから退職に踏み切りたいことは最もだ。

しかしそれが「罠」である。

どんなにブラックな人間でもたまには褒めることがある。その褒められる1%をどう

もっとみる

別れた男の家に行くほど邪悪な行為はない

別れた男の家に行くほど邪悪なものはない。

「さみしくて」
そう言って別れた男の家に行ってしまう女は一定数存在する。

別れた男の家に行くのはさみしいからだ。
ではどうして別れた男の家に行けるのか。
それはきちんと別れることができていないからだ。
男からテキトウな理由をつけられて別れた口であるが
そんなものは男の都合でしかない。

恋仲から都合のいい女に成り下がっただけである。

向かう先には幸せ

もっとみる