日常に笑い 病吹き飛ばせ ヨガや寄席…免疫力アップ がんや認知症予防に効果


#COMEMO #NIKKEI

via
笑う門には福来る――。朗らかに過ごせば幸せがやって来るということわざだが、実際、笑いが免疫力を高める効果が明らかになってきた。笑いを暮らしに取り入れ、さまざまな疾患や認知症の予防に生かす取り組みが広がっている。長く健康的な生活を支える現場を追った。…

東京都文京区の宮本圭子さん(55)は腎臓病や膠原(こうげん)病を患ってきた。その影響で足が冷え歩くのもつらかった。ところが3年前に笑いヨガを始めると、足が温かくなり歩行が楽に。「くよくよしても仕方がない。病気と付き合いながら生きていこうと考えられるようになった」と宮本さんは笑顔で話す。

笑いヨガ協会代表の高田佳子さんは「笑い声を出して運動すると、幸せホルモンのセロトニンが分泌され、ストレスホルモンのコルチゾール値は下がる」と効用を説く。…

大阪府立健康科学センターの認知症調査をまとめた福島県立医科大の大平哲也教授は「笑い日誌」の活用を勧める。自分が1日何回笑ったかをノートに書き込むのだ。歩数を記録すると歩くことが励みになるのと同様、日誌を書くことで笑いを意識するようになる。

もう1つ、効果的なのがペットを飼うこと。人間は赤ちゃんと動物を見ると自然に笑顔になるという。大平教授は「特に犬を飼うと散歩に連れて行かなければならず、飼い主同士で会話がはずむことも多い。日ごろから笑顔になる環境づくりを心がけることが大事だ」と指摘する。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、書籍化に向けての応援メッセージとして受け取らせていただき、準備資金等に使用させていただきます。

流石!お目が高いっ!!
3

MBAデザイナーnakayanさん

1978年東京生まれ。建築設計事務所にてデザインの基礎を学んだ後、05年からフリーランスデザイナーとして活動。大学には行かず16年大学院にてMBA取得。これまでに100社以上での実務経験を持つ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。