初めてのビジネスプランコンテスト開催。 運営の裏バナシ

ビジコン、ファイナリスト選考会が終わった。

自分で言うのも何だけど、大成功だったと思う。

プレゼンターはもちろん、
審査員の方々、運営スタッフ、
更に、会場参加者、オンライン視聴者も一体となり、
これまで経験したことのないほどの熱狂で、
あっという間の2時間半だった。

最高だった。

情熱があれば、仲間がいれば、何でもできる。
そう確信した今回のビジコン。

ファイナリスト審査会は大成功に終わったが、
実は、その裏側で、運営は超ドタバタだった。
走りながら考える、アップデート主義。

会社スタッフ総動員なのはもちろん、
本業や育児に忙しいMYコンパスラボメンバーと、
イベント当日までほぼ会うことなく、
ほとんどの準備をオンラインで進めてきた。

そんなドタバタの運営の裏側を、
記録の意味も込めて、振り返っておこうと思う。

遡ること3月下旬から。以下、時系列で振り返ってみます。

●3月下旬
社内メンバーとの何気ない会話から、
ビジコンを4月から実施することを決める。
今年後半くらいに出来たらいいなと思っていたビジコン。
年末を待ってる意味なくない?今やろう!と
その場のノリと勢いだけで、4月からの実施を決める。

●4月1日
MYコンパスラボメンバー向けに
「ビジコン実施します!」と予告なしに突然のアナウンス。

その時の記事タイトルは、
【 エイプリルフールじゃないよ、新企画だよ! 】とかいう軽い感じ。
応募概要と、スケジュール概要、
ビジコン実施にかける想いなどをお知らせし、
近日中に募集開始することを周知。

このとき、書類審査の後のスケジュールや会場はもちろん、
コンテスト設計も、審査員も(候補者すらも)決まっていない。

●4月14日
月1で開催しているMYコンパスラボ定例会、
「ビジネスの始め方」をテーマに実施しまして、
なぜビジコンをやるのか?
ビジネスプランを考えるとどんないいことがあるのか?
ということから、具体的なプランの作成方法などを
私の方からお話しさせていただきました。
・・・しかも、なぜか、インドネシアのジャカルタからw

2泊だけの弾丸旅に行ってまして、
ジャカルタ在住&バンコク在住のラボメンバーと合流し、
ホテルの部屋から、こんな感じで定例会を配信しました。

【開催レポート・ラボ 4月定例会】
 ビジネスの始め方を学び、いざビジネスプランコンテストへ!
>>http://mycompass.co.jp/all/event/post19768/

●GW明け
ビジネスプラン締切。70名ほどのラボメンバーから、
全部で43案が提出されました。
10案くらい出ればいいかな、と思ったりもしていたので、
まさかの数に正直びっくり。
「かるーくかるーく」が合言葉な私たち。
(↑とりあえず軽くやってみよう、って意味。)
本気で起業したい人もそうでない人も、
せっかくの機会だからと、かるーく書いてくれた模様です。

●5月中旬
書類の〆切を過ぎた頃から、審査員候補の方への打診をスタートしました。
・・・というのも、ビジコンを始めたはいいものの、
本当に事業プランが提出されるのかは未知数で。
ビジコンとして成立するか分からない状態で、
外部の方を巻き込むのは怖いなぁ、、、と躊躇っていたのですよ。
43案提出され、ビジコンとして形になりそうだと確信を持てた状態で、
審査員候補の方々に、ご相談にお伺いしました。

ちなみに、エキサイトの山元さん、ウィル・シードの長澤さんには、
初対面で審査員をオファーさせて頂いたのですが、
名もなき、小さな会社が主催する、概要すら粗々しか決まっていない謎のビジコンの審査員を快く引き受けてくださって、、、
今思えばなんて寛大なんでしょう。

そして、デンソーの井上さんも、
エコキュートのプロモーションでお仕事させていただいているご縁で、
審査員をオファーさせていただきまして、3名の審査員が確定。

ようやくファイナル審査会の日程調整のフェーズに進み、
6月10日に開催すること、
エキサイトさんに会場をご提供いただけることが確定しました。

打合せ帰りに会場をちら見させていただき、
事前に見たのはこれが最初で最後。

この写真だけを頼りに、イメージを膨らませ、
推測だけで当日を迎えましたw

●5月19日
1次審査会。
5月のラボ定例会にて、提出された書類への講評と、
1次審査の結果発表を行いました。
実は、ファイナル選考会にコマを進める人は、選出しなかったんですよね。
「本気でその事業をやる気がある人」
という条件で、出たい人が出る立候補制にしました。

詳しくはこちらのレポ参照
【開催レポ・ラボ5月定例会】ビジネスプランコンテストから広がる展望!
>>http://mycompass.co.jp/all/event/post20268/

●5月21日
ファイナリスト選考会出場者10名が決定。
本格的にビジネスプランのブラッシュアップが始まりました。
この時点で、本番まで残された日数は20日あまり(@_@)!
ここからのプレゼンターの頑張りについては、
それを影で支えた、戦略プロデューサー?赤谷まかなさんによる
次回note記事に譲ることにして、、、

ここでは引き続き、怒涛のスケジュールで進んだ
運営側の準備の裏側を綴っていきます。

●5月24日
ビジコン一般観覧者の方の募集をスタート。
一般のお客様をお招きして開催するイベントは、初めてであることにこの時点でようやく気づき・・・どのチャネルで募集するか?を慌てて検討。
Peatixにアカウントを開設し、メルマガ読者向けの先行案内として
ファイナリスト選考会の観覧者募集を開始。
この時点で、本番まで17日!

●5月29日
プレスリリースを配信し、一般向けの告知を開始。
イベント当日まで時間に限りはあるけれど、
できることは何でもやろう!とプレスリリースも打つことに決め、
どたばたとライティング。

こんな感じでプレスリリースを配信しました〜。
>>https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000032057.html

●5月30日
運営スタッフ募集&託児実施検討&打ち上げ準備開始。
募集導線を何とか整えて、次は運営スタッフの募集。
MYコンパスアカデミーのFacebookグループにて、
当日の会場運営スタッフを募集したところ、次々と申し出が!!

ビジネスプランは提出しなかったけれど、
ファイナリスト選考会に臨む仲間の頑張りや熱量を感じて、
何かやりたいと思っていた!ぜひ手伝いたい!
というコメントとともに多数の立候補があり感動しました。

他にも「子どもの預け先が無くて、会場参加を諦めているメンバーもいるのでは?」と託児を実施することに決めたり、
(エキサイトさんに会議室をお借りして、
 キッズラインのシッターさんを呼ぶことにしました!)

こちらの法人向け託児サービスを利用しました。
「ベビーシッター出張サービス」
>>https://kidsline.me/contents/corporation_event

はじめて利用したのですが、直前にもかかわらず、
依頼を出すとすぐにシッターさんからの応募があり、とても助かりました。

当日、来ていただいたシッターさんもとても親切で
更に感動。イベント託児、次回も絶対キッズラインを使います!

※ちなみに、3年ほど前に創業期の当時カラーズにて育休インターン第一号としてお世話になりまして。その時の様子はこちら➾ ★ 
その頃からのサービス拡充&進化がすごいです。初回が無料で使える5,000円分プレゼントキャンペーンだそうで、6月中に登録すればポイントがつくそうです。今月中だからお早めに!
 >> https://kidsline.me/invites/u1608223898

さらに、、、MYコンパスアカデミー6期生のオフ会を、
ビジコン終了後に企画している開催されることを知りまして、
ビジコンの打ち上げを抱き合わせにしてもらえないかお願い(無茶振り?)してみたり。

本番まで残り10日。
どんどんみんなの熱狂が高まっていることを感じながら、
運営体制もアップデートし続けていました。

●6月1日
定時22時からのゲリラズーム会。
私が運営&集客に徹する間、プレゼンのブラッシュアップ担当(プレゼンの品質保証担当?)は赤谷まかなさんに一任していたのですが、
どうやらみんな、自信もなく不安でいっぱいいっぱいになっているらしい(@_@)

プレゼンの前段階でぐるぐる悩んでいて、
プレゼンの練習も資料もなかなか進んでいないことが発覚しました。。。

一方でイベント集客の方は思いがけず好調で、参加お申込みを多数いただき、当初50名の定員を、急遽70名まで増席することに決めたばかり。

このままでは「素人の」「自信のない」「つまらない」プレゼンを、
日曜日の午後、わざわざ時間を割いて来てくださる審査員の方々や、大勢の参加者の方々の前で、ダラダラと披露することになってしまう・・・・!
このままじゃマズイ、、、、と危機感をいだき、緊急Zoom会を開催することに決めました。

オンライン会議は、私たちの定時である22時から。
(22時開始なのは、それぞれに子どもたちを寝かしつけた後で集まるから)

会議開始当初、
「これでいいのか自信がない」
「こんな事業必要とされる気がしない」
「来週までに間に合うか不安」などネガティブな言葉ばかりを発するプレゼンターたち。

彼女たちに私から
「みんな自分のことしか考えてない!」
「自信がない、つまらない、素人のプレゼンを、日曜午後に聞かされる人の立場になって考えてみて!!」と喝!(笑)

そして「グレイテスト・ショー・ウーマンになろう!!」という提案をしました。
普通の女性たちで、ビジネス素人なのは変えられないけれど、私たちらしい、最高のショーを作り上げよう!参加してくださる方、応援してくださる方に来て良かった!面白かった!と感じてもらえる時間にしよう!と提案しました。
その瞬間、みんなの表情が変わり、ようやく笑顔がみられるようにw

その日、プレゼン練習は深夜1時半まで続きまして、
この時に練習した30秒自己紹介。動画はこちら。


●6月4日
小田桐あさぎさんとのスペシャル対談「ビジコンの魅力」収録。

パワーブロガーで起業家の友人 小田桐あさぎさんと急遽、対談動画を収録しました。というのも、あさぎさんの新刊「嫌なこと全部やめたらすごかった(通称:嫌すご)」のクラウドファンディングのリターン「小田桐あさぎ1時間使用権&嫌すご30冊」がきっかけなのですが、ビジコン準備に追われていた最中、嫌すご30冊がオフィスに届き、お礼メッセージのやりとりをする中で、急遽ビジコン予告動画を収録することになりました!
(どんなプランが出るか事前に分かったほうが見に行きたいと思う!とあさぎさんが提案してくれたんです。神!)

実は最近ビジコンにはまっているというあさぎさん。
「いつか事業を興すためには、ビジネスプランをたくさんインプットし、
”沖に出て良い波を待つ”ことが大切、だからビジコンを見に行こう!」との
応援メッセージをいただきまして、あさぎさんのメルマガでもご紹介いただいたり(T_T)
こちらの対談↓↓がきっかけで、さらに会場観覧希望者が増えました!


●6月7日(開催3日前)
オンライン盛り上げ隊結成 & 深夜2時のプログラム入稿

オンライン講座を母体にするMYコンパスラボなので、
メンバーが全国&世界各地にいます。
そのおかげで、やむを得ずオンライン活用に強くなってしまった私たち。(定例会などいつもオンライン同時配信しています。単に配信するだけでなく、オンライン参加の人も会場参加者と同じようにコミュニケーション取れるようなスタイルで運営してます)
オンライン活用術は日々改善&試行錯誤を重ねているのですが、今回、会場からのFacebookライブで全公開に挑戦することに決めました。

さらに、遠方などの理由で当日会場に行けないメンバーを中心に、どうやったらビジコンをオンラインで盛り上げることができるか?を考えて、実行するチーム「オンライン盛り上げ隊」が結成されました。
Twitterのハッシュタグも何にしようか議論して。笑
ビジコン×コンパスで「#ビジコンパス」に決定しました。

そして、深夜2時に、プログラム入稿。
ビジコン当日に配布するプログラムを作ることに決めて2日後の深夜、無事に印刷屋さんにデータ入稿。安くてギリギリ間に合うプランを適用するために、深夜0時までの入稿を目指していたのですが、データ不具合でなんと差戻し。。。そこからスピード印刷プランに切り替えて、データを再調整&再入稿。LINEグループで即確認しつつ進め、すべて完了したのは深夜2時w

●6月8日(開催2日前)
最終確認会@ズーム
1週間ぶりのズーム会で(もちろん22時から)、プレゼンター&司会者と当日の流れの確認と、最初で最後の通し練習。
1週間前のズーム会から、更にブラッシュアップ&プレゼン練習を重ねてきたメンバーたち。画面越しに気迫と熱気がムンムンと伝わってきます。
私はその夜、会食(飲み会?)がありまして、23時からジョインしたのですが、そこから1時半過ぎまで確認会は続きましたとさ。
・・・連日の深夜残業?で身体は疲れているはずなのに、
頭が冴えて眠れない、そんな毎日でしたw

●6月9日(開催1日前)
いよいよ前日。最終準備。
会場に持っていく荷物、書類(パンフ、審査用紙、アンケート、スタッフ・審査員用説明資料など)をバタバタと印刷したり準備したり。

そして、前日になって初めて、自分の登壇パート(パネルディスカッション、開会の挨拶など)の構成と資料作成にようやく着手。
当日の開会の挨拶で、会場&オンラインの空気感をいかに作り上げるか?が肝だと思っていて。楽しいショーにするための仕掛けの設計と、挨拶パートの構成を直前になって慌てて検討しましたw

●6月10日(ビジコン当日)
当日は朝9時にオフィスに集合し、会社メンバーで最終確認からの、備品類を会場に運搬。
雨のせいもありタクシー予約手配できず、UBER呼んだら、たまたま大きな車でテンション上がる。

そして、1ヶ月ぶりに見た会場がやはりとても素敵で更にテンション上がり、スタッフ、プレゼンター、審査員の方々が揃い、いよいよ・・・!

ちなみに、運営に関しては、現場に来てみて新たに気づくこと、変更点も多数あったのですが、、、私は細かい点をすべて把握することは諦めましてw

「今日のこの会が、最高にうまくいくイメージを持とう!
うまくいくイメージを持って、各自持ち場で最大限、力を尽くそう!!」

と、スタッフ&プレゼンターに伝え、私も自分の役割に徹しました。
・・・しかし、今思えば、なんと抽象的なメッセージ!ww
こんな状態にもかかわらず、「段取りなってない!」と運営の不手際を攻めるような人は誰一人おらず、流動的要素が多い中、それぞれが自分の持ち場で最善を尽くしてくれました。

ちなみに、本番プログラムの「ファイナリストとのトークライブ「ビジコンどうだった?」のコーナーは、開始直前にも何をするのか全く決まっておらず、、、
みんなのプレゼン後の休憩時間に決めたという。。汗 
ほぼアドリブでした。笑

本番の様子はこちらの開催レポート&動画をご覧いただくとして、、、

【開催レポート】
「女性のためのビジネスプランコンテスト」ファイナリスト選考会
>>http://mycompass.co.jp/all/event/post20326/


こんな感じでドタバタ運営を行った、初めてのビジネスプランコンテスト ファイナリスト審査会。

アップデート主義すぎて、各方面にご迷惑やご心配をお掛けしたかと思うのですが、おかげさまでイベントは無事に終えることができまして。
これもすべて、関わってくださった皆さまのお力添えのおかげでございます。本当に、本当にありがとうございました!

そして、次やるときは、もうちょっと事前に準備を進めようと心に誓うのでした。(これ、毎度そう誓ってる気がしますがw)

ちなみに、
今回のビジコン ファイナリスト審査会に掛かった総予算は・・・
「24,850円」でした!www
費用の内訳は、パンフレットの印刷代(当日3時間仕上げ)。以上。

これ以上、何も掛かっていませんし、何も稼いでいませんが、
私たちは、お金ではない何かに突き動かされるかのように、大いに熱狂したのでした。笑

こんなドタバタなMYコンパス社の最新情報は、こちらのメルマガで毎週月曜日11時にお届けしています。ご登録お待ちしております^^
>> http://mycompass.co.jp/mail-mag/


文責・岩橋ひかり
Twitter:https://twitter.com/HikariIwahashi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

岩橋ひかり

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。