制作ノート

制作ノート、と言っても実は数日間制作はお休み。数年ぶりに文献を何冊も引っ張り出してきて読んでいる。多くは5年も前に引用しようとした文献ばかりだが何ともまぁ、すっかり内容を忘れている。ぼんやりと自分の中から言葉を引っ張りだしてくる作業とは違い、随所随所であぁ、僕はこんな事に興味があったのだなぁと少しずつ、思い出してきた。

しかしそれはそれで数年前の過去の自分の作品に当てられた、もしくは関係があるのだと感じた言葉や文章だったりする。改めて今の作品達にそれが通ずるかと言うとそうでもなかったりする。

基本的に考えながら作品を作るので最初からコンセプトがある訳じゃない。考えながらあーでもないこーでもない、と目の前の作品に向き合いつつ、最初は作品のデティールや色構成など自分の直感で作り続けている。で、作品が出来上がった時に初めて、で、これは一体何なのだと言う事を突きつけられる。意味なんてない、感じろ、なんて言う画家もいる。まぁ別に他人がどうであろうと僕には関係ないし、正直良い作品は良いで良いとは思う。言葉にできないから作品作ってんだ、と言われればそれまでなのだが、やはり何故自分がそのような作品を作るに至ったのか、理由は知りたい。その為に批評家などがいる事もそうなのだが、言葉にする事も日々の訓練ではある。半年かかってようやく作品は形になった。次は言葉による肉付け、である。

#art #abstractart #作品 #抽象画

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

大阪で絵画制作や美術活動をしつつ、ARTspace&BARアトリエ三月を運営しています。サポート頂いた分は活動費やスペース運営費として使用させて頂きます。全ての人がより良く生きていける為に 美術や表現活動を発信し続けます。

ありがとうございます!精進します!

原 康浩

制作ノート

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。