節分、立春、風邪(縁と運#48)

早いもので、明日は立春です。節分も大晦日みたいなものですから、厄を祓い、一年の疲れを癒すには、毎年休日がよろしいかと思います。

昨月からの風邪がようやく抜けてきました。二週間かかるとは思いませんでしたが、風邪を甘くみないことを再度認識させられました。

かかりつけ医に聞くと、インフルエンザは特効薬があるから普通の風邪より早く治るそうです。とはいえ、インフルエンザも形を変えて成長しているようですから、これも甘くみては感じるのです。

世の中を甘くみてしまうのは、慣れであったり、知識として持っているから大丈夫と思い込んだり、このことは伝わっているだろうと勝手に思い違いしていたり、麻痺が関係しています。

ルーチンなことも惰性でせず、「今日しかない」から一所懸命しようという意識があれば大丈夫になると思います。


毎年立春を迎えますが、その年その年で気持ちを新たにするのも、一所懸命と同じことです。

ご飯をいただくとき、その都度「いただきます」「ごちそうさまでした」と挨拶できる人は、いろいろなことに一所懸命対峙できる人です。

一所懸命が「縁のある道」を自然と選び、幸運をもたらすように思います。


#エッセイ #節分 #立春 #行き方 #縁と運 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございます。 サポートいただけるとほんとうに嬉しいです。 記事作りの役に立てたいと思います。

お忙しい中ありがとう😊読んでもらっただけでも嬉しいのに😆
7

縁と運についてぼくなりに考えてみる

縁とか運とか、そんなもの見えないからわからないって思う人は多いです。新年に神社やお寺に初詣に行き、おみくじを引くのは、何か神様や仏様のメッセージを受け取り、運を試すことだと思います。良いご縁がありますようにと祈願するのもまた縁というものがあるだろうなと思っているからです。な...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。