「好き」における能動的回収行為(超訳:フェチズムの話)

哲学的なタイトルをつけてみましたが、能動的に得た「好き」という気持ちをどう回収するのか、ということについてみなさまにお知らせがあります。

以前からずっと「好き」というものについて考えていたのですが、私が「好き」なある概念がそこまで世間に広まっていないということを知り、この「好きな概念」の素晴らしさを世の中により広めるべく明日みなさまに発表があります。

小難しく書きましたが、行為に関してはいたっていままでと変わりなく「哲学好きだけど、あんまり世の中に広まってないから面白くして人に広めたい!」という思いの、「フェチズムver」です。

フェチズムは誰しも一つや二つ自覚していることでしょう。以前、スーパー編集者の三木一馬さんのご著書を読んだときに「フェチズムを隠しているような作品はだめ!フェチズムを露呈しなきゃ!」というようなことが書かれており、フェチズムについてじっくり考えることがありました。

私が持つフェチズムは「スーツが好き」とか「メガネが好き」という物質的なものではなく精神的なものだったので、この精神的フェチズムをどのようにすれば上手く表現できるのかをここ数ヶ月考えてきました。

また私が持つ具体的なフェチズムですが、これを試しに信頼している先輩クリエイターの方数人にお話してみたところ

「それ新しいじゃん!!!!需要もありそう!いけるんじゃね!!!!」

と好意的な反応をいただいたのでそれを自分なりに熟考し、まとめてみました。

フェチズムを連呼していますが官能小説を書くわけではないので、期待されていた方がもしいらっしゃったら、すみません!またこのフェチズムは見方によっては一種のサディズム性を含んでいるかもしれませんが、SM小説ではないので、そこも期待されていた方がもしいらっしゃったらすみません!

ただ期待はしていていただけると嬉しいです!

解禁は明日12/8 18:00頃です!!!!

このフェチズムについての熱い想いの丈は、発表の際もしくはすべてが完成されたときにnoteにてぶちまけたいと思っております。

あと12/22に京都でサイン会&トークショーがあります!いまからでもまだ受け付けておりますのでぜひお越しくださいませ!

参加者さん限定でオリジナルグッズもご用意しております!立派なニー哲消しゴム…!!ではなくキャラメルです^^


ご参加お待ちしております。

■11月28日新発売!! 366日。日めくりで哲学者の教えと出会う

「まいにち哲学」


■9月30日発売 哲学ワークと性格診断テストで「わたし」を徹底分析し、才能を成長させる 

「日々の悩みが消える哲学手帳2018」(週間ダイヤリーに哲学者名言入り)

手帳の詳しい内容はこちらに載ってます→https://note.mu/haradamariru/n/n53b1d411922e

■第五回京都本大賞受賞。一度きりの人生について考える、哲学エンタテイメント小説 


「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

■オンラインサロン

DMMラウンジ「この哲学がスゴい!」

https://lounge.dmm.com/detail/242/




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

原田まりる

作家・哲学ナビゲーター■第五回京都本大賞受賞『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(ダイヤモンド社) 11/12コミカライズ一巻発売!■連載:「ダ・ヴィンチ」にてAIを描いたSF小説「ぴぷる」発売中■NHK「人間ってナンだ?超AI入門」レギュラー出演中
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。