元カノの殺し方考察

彼氏の元カノ・・・それは女の永遠の敵。

全ての女性が、彼の以前の恋人のことを一度は気にしたことがあると思います。

私の場合はその“気になる”度合いがとても高いようで、付き合っていた期間・年齢・名前・見た目・職業・Twitterアカウント・今恋人はいるのか・彼とはどこで知り合いどのように付き合いだしてどこでデートをしてどんな別れ方をしたのか・今でも彼と連絡を取っていないか・・・全てが気になってしょうがないのです。

そして、それらの情報を知れば知るほどに思うのです。


元カノ、殺したい。と。


この“殺したい”はもちろん比喩表現であり、殺人願望などではなく厳密には

“元カノの事を考えてモヤモヤしてしまう気持ちを消したい”

“彼氏に元カノより愛されて完全に勝ったと心から思いたい”

といった感情を短く表現した時の言葉ではないかと私は思います。


そこで、どうすれば元カノを殺せるのかということをこれから考察していきたいと思います。



その1 交際期間で勝つ

さりげなく付き合う前後に聞いた『最長の付き合いってどのくらい?』という質問の回答を私達“元カノ殺したい女子”は永遠に覚えているのです。そしてその記録を越えるのを今か今かと待ち続け、越えたとき『っしゃ!』と小さくガッツポーズをするのです。単純なことかも知れませんが、これで少しだけ気が楽になる気がします。



その2 元カノがしていない事を達成する

友人への紹介・旅行・同棲・親への紹介など元カノが成しえなかった偉業を達成することにより元カノを殺す方法です。しかしこれは元カノとの交際期間のことを事細かに聞いたり調べたりしなくてはならないため、非常にメンタルにダメージを負うリスクがあります。

この“偉業”の極みが結婚・出産だと思うのですが、いまだ独身の自分はまだ立ち入っていない領域なので、結婚したことにより元カノ殺したい願望が全て消え去るのかどうかを今後の課題として生きていきたいと思っています。



その3 元カノとのあらゆる連絡手段を絶たせる

元カノを殺したいと思う気持ちは“まだ連絡を取っているかも” “浮気されるかも” “ヨリを戻すことになって捨てられるかも”という危惧から生まれることも多いでしょう。その可能性を限りなくゼロにすることはとても重要です。

携帯の連絡先の削除はもちろん、TwitterやFacebookなどSNSでのつながりの解除、LINEの友だちにもいてほしくありません。しかしこれらを彼女側からお願いして消してもらうのではなく、自らの意志で絶ってくれることが1番理想です。

ここで『元カノと友達になっている場合は?』という疑問が浮かんだ方がもしいらっしゃりましたら、あなたと私は違う星に住む宇宙人同士であり一生理解しあうことは不可能と思われるほど論外なことなのでここでは割愛させて頂きます。

これは私の経験談ですが、連絡先を全て絶ったと思いきや実は男性の名前で登録されていたという非常に許しがたいパターンなどもあるので、細心の注意を払っていきたいところです。



その4 元カノより綺麗になる

元カノの容姿を知ってしまった場合、『こいつより綺麗にならなくちゃ・・・』と闘志を燃やす人も多い事でしょう。彼氏の友達に紹介される際『お前めちゃくちゃ可愛い彼女捕まえたな!』と言われることを夢見て日々自分磨きに勤しみます。

これは一見健全な対処法に見えますが、美のベクトルを間違えてしまうと整形依存や過度なダイエットによる摂食障害を引き起こすこともあります。自分を大切にする気持ちを大事にしつつ頑張っていきたいですね。



その5 元カノなんて居なかった

変化球かもしれませんが、モヤモヤしないために元カノに関する全ての情報を聞き入れず『元カノなんて居ない。私が初めての彼女』と思う(思い込む)方法です。一切の情報を知らなければ無意味に張り合うこともほとんど無くなり、とても精神衛生がよくなるはずです。

しかしこれは相手や周りの協力が必要となります。『今までの恋愛の話はあなたや周りの人からも一切聞きたくない』という事を伝え、尽力してもらうのです。現実逃避だと言われるとそれまでですが、楽しいときもいちいち考えてしまい病むよりはマシなのかも知れません。



ここまで5つの解決策を考察してきましたが、私自身も解決できたことのない悩みであり、きっとまだまだ方法はあるはずなのでまた考え付いたら書いていきたいと思っているのでチェック・シェアしてもらえると嬉しいです。

とても偏った考えのコラムをここまで読んで下さり、本当にありがとうございます。少しでも共感して下さった方・・・一緒に頑張っていきましょうね!はらだんでした。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

はらだん

愛媛産、みかんのようにフレッシュなニートのはらだんです。良かったらフォローしてください!感想のコメントもお待ちしてます。

よみもの

気になったものたち

コメント3件

結婚出産以外は経験あったとは意外でした
共感もあり、はらだんらしいなと思うところもあり、楽しく読ませていただきました。
経験として、結婚は契約であって保証ではないです。
幸せや安心を保証はできないかと。
法的にペナルティを与えることができる権利と考えるのが妥当かな。
元カノの葬り方その6が気になって甘いものが食べられません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。