体当たりの人生

はあちゅうさんの「準備不足の人生」というエッセイが大好きです。そういえば、この記事無料公開されているようです。


すごくよくわかる。
私の場合、完全に準備不足だけどやりたいと感じたら当たって砕ける「体当たりの人生」です。何か頑張ったなとか、うまくいったなと後から感じる時は、いつだって準備不足からの体当たり。

箕輪編集室で電子書籍作ったのも、運営をやらせてもらったのも、前田デザイン室で運営やって、本作ったのも。遡ればライターになったときもそうだった。全部予備知識はないけれど「やりたい!!」から引き受けました。私が引き受ける資格はなかったのかもしれないし、もっとふさわしい人がいたのかもしれない。でも公平な場所で「やる」と言ってしまったら私にも資格はある。そうと決まったらあとはやるのみ。ただやったらやったで苦労するんです。だって準備不足だから。絶対毎回何かしら躓いている。でもそこを乗り越えて進むことができた時の達成感がたまらなく好きなんだ私は。



そう考えたら用意周到に準備するまで何かを待つというのは、私らしくない。「準備ができていないから」を言い訳に一生何もやらない気がする。



なんでこんな話をしたのかというと、ブログのリニューアル準備がずっとできていなくて。私はワードプレスで自分のブログを持っているんですね。私は元々ブロガーですから。

過去記事を今読めば、まぁ出来がひどいものも多々あるし、言いたい放題で恥ずかしいなってものもある。でも消したくもない。その時々で精一杯やっているから、これはこれで認めてあげたいんです。むしろここから随分上手くなったよなって思うし。


ただ今ライターモードでブログやるなら新しくドメインとるか、このブログのままでも記事を整理してもっとビジネスモードに切り替えなければ、と年が明けてからずっと言っている気がする。なのにちっともできていなくて情けない。こういう自分に気づくのもうんざりなんです。今ぐちゃぐちゃの状態で人様の目に触れるのもなんだか恥ずかしい。けれど「準備してから〜」の準備はたぶん一生来ない気がする。だから今日から心置きなく晒しまくるし、ブログの更新もする。「整っていない。恥ずかしい…。」って晒されて戒めないとやらない気がする。


そのために前田デザイン室に「ブログ部」を作りました。更新したら投稿していこうかなと。一人じゃできないので、意志が弱いから。監視下に置かれないとやらない。


準備不足からの体当たりの人生。
今度は、久しぶりにブログに体当たりします。


全然関係ないんだけれど、NASUの前田高志さんが描いてくれているこの私の絵は「体当たり」感がすごく出ていてさすがだなと感じたので画像使わせていただいてます!(たぶんそういう狙いで描いているのではないだろうけど。)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

♡♡♡ありがとう♡♡♡
26

浜田 綾

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。