自分なりの創作

 小説にイラスト。

主な私の創作はこうなってるだろうか。

多くの作品を作り、それを誰かに見てもらう。

例えそれが評価を貰えなかったとしても、そういったことが創作だろうとは思う。

自分なりの創作。

小説で言えば、ファンタジー物が多いがどこか文章が堅く、そして悲しいことも多い。

悲劇を好むわけではないが、私自身に起きたことを織り混ぜて書いていることが多いせいだと思っている。

イラストについても同じことが言えると思う。

格好良さや可愛さを求めつつも、どこか影のある感じで描いていたりする。

私らしい作品と言えば私らしいだろうか。

だけど、もう少しかけるものを増やしていければと思う。

悲しいだけの物語じゃなくて、誰かの心に響くようなものを。

そう考えている。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

樫吾春樹

Doppelgänger

日記的な何か 記録を置いとくところ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。