生きる理由とか、自分探しとか。

「生きる理由って何なんですかねぇ」

ふいに同僚からふっかけられた話題。
突然話題が変わるなんてことは多かったけど、久しぶりだな、こういうのって、妙に懐かしい気持ちになった。

彼は先輩だけど、僕より5歳年下だ。まだ20代半ば。
その頃を思い出すと、生きる理由だとか何とか、考えるのめんどくさくなってきた頃だった。僕の場合ね。

そもそも僕は「生きてたってしょうがない」と思っていた。
いいことなんか、ないだろうと。
自分にも世の中にも、何の希望も抱いてなかった。
そこそこ深いうつ状態にまで落ち込んだ。
でも、そんな折、父から、それまでだとありえないほど鬼気迫る剣幕で「死ぬとか金輪際言うな」「おれやじいちゃんたちより早く死ぬのは許さん」みたいに言われたのを克明に覚えていて、
ああ、とりあえず生きてなきゃいけないなと、思ったのだった。22歳の頃。

なのでもはや、生きる理由なんかそれくらいのものだったりする。家族を悲しませないよう、とりあえず元気でいること、それだけだ。
あとはもう、クズなとこあったとしても、まがりなりにも生活ができて、それなりに楽しけりゃそれでいい、っていうのが僕のベースにあるので、もうそんなこと考えなくなったのでした。

「自分探しも大学の頃はよくしてた」と先輩。
自分探しも、いつの間にかやめたなぁと、僕。
探さなくても、いつまでもついてまわるし、
自分の予想とは違う「自分」も現れたりして、もはや考えるだけムダだと、思うようになったような、そうでもないような。

あとは、つい最近、去年くらいからだけど、自分のことで悩むことが減ったってのもあるかもしれない。それどころじゃなくなった、ってことでもあるけど。

でも、どうにも共感しきれないというか、生きる理由や自分探しで僕自身が今悩んでないからこそ、何て答えたらいいかわからなかった。
どう答えたらよかったのかねぇ。

【今日の一曲】Foxwarren - To Be

Deerhunterのこないだの新作のサイケ感をなくしたような、素直な美しい穏やかなフォークバンドで、僕はとても好きな感じです。
The Bandや、ポール・サイモンの影響があるみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

今日の一曲

いいなーと思った音楽について話します。たいてい日記のネタがない日に書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。