一年間小学校のPTA会長をやってみたので感じた雑感を書き残しておく

春ですねぇ〜…入学式の方多いのでは?

昨年一年間、実は小学校のPTA会長という役回りを頂いておりました。
子供と触れる機会も多く、また普段は会話ができない学校の先生や地域で活躍されている方とお会いできる役回り。せっかくの経験なので、一年で感じた僕なりの教育論を残しておきます。

学校に感じる違和感とその正体

率直に一年間通して、学校って場所は平たく同じ様な人間を作る機関だ、と。
要するに右倣えで、突発的なトラブルやイレギュラーに対して隠蔽しようとする節があります。

ではなぜ右に倣えの人間製造機関なのか?
これは単純に時間と人が足りないから。集団行動をトラブルなくつつがなく過ごす事が最大の目標なんだとも。

ここ数年、されブラック企業だ、ブラック〇〇だと騒がれてますが、学校で働く教師って、相当に時間がない。公立の小学校の教師を外側から眺めているだけでもそう感じるのだから、相当だ。

で、この話、続きますんで(笑)

https://twitter.com/Toyokeizai/status/1043458826383458304?s=19

と、まぁ…思い出したら少しづつ書いていきます。
うっすい経験でしかありませんけど、感じた事は正解だと確信してますので。

最後に、もし不登校で悩んでる、子供が学校へ行かなくなってしまったと悩んでるあなたに一言贈りたい「ようこそ、個人事業主の入口へ!あなた(の子供)は真の自立に目覚めましたね!おめでとう!」と。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ライターノウハウや取材の裏話、経営者塾のお話なんかを無料で公開中です。 特にライターノウハウはこれからライターになりたい人必見の内容に濃く濃く書いていきます。 サポートいただいたお金は取材費用や本の購入費用に当てさせてもらいます!

わざわざすいませんm(_ _)m
1

岩田 武

サラリーマン在職中に難関資格である中小企業診断士の資格を取得。2017年よりフリーランスに転身、2018年、クリエイターの力で地区、地域の問題解決を図る団体「Creators re:Public」を設立。フリーライターとして活躍する傍ら、経営者向けの勉強会を運営中!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。