見出し画像

好きやから続いてる【calm編】

立花で美容院calmをひとりで運営する北川悠美子さん。悠美子さんの旦那は私の元同僚。夫婦それぞれに独立して、共に素敵なスタイルで仕事をしている。「目の前の人に喜んで頂く」それは美容師もセラピストも同じでスタイルも似ている。ということでこれも何かの縁。セラピストの旦那と共に取材させて頂いた。前編は奥様、後編は旦那。

calmはHPもなければ広告も打たない。それでも8年間変わらず沢山の人に愛される空間。私が目指したい背中でもある。それではレッツらドン!

calmhttps://ameblo.jp/calm---hair/

美容師への道から独立まで。

元々は何のお仕事を?

美容師です…

シーーッン…もともと?
高校卒業してからすぐですか?

あ、短大に行って美容師になりました。短大に行ったのも、もし自分が専門学校に行った時に逃げ道がないからと思って。短大の資格も取っておいた方が何かといいかなーって。で、逃げ道を作る感じで短大の美容科にいきました。そこで美容メインで教えていた先生と出会って、後にそこで働くことになりました。独立するまで武庫之荘の美容院で働いていました。

いつ頃から美容師は目指してたんですか?

中学生の時から美容師になりたかったんです。なんでそう思ったか全然思い出せないんですけど…(笑)中学生の頃にはもう自分の進路を決めてたから、あとはそこに向かって進むだけ、みたいな。美容師になることしか考えてなかったので、就職に対しての悩みはなかったです。

中学生で決まってたって凄いなー。
で、美容師になって修行する事になるんですね。

短大時代、後にお世話になる先生が「うちでバイトしたら?」って言ってくれてたんですけど、その時はそこではバイトしたくなかったから、他のとこでバイトしてるって断ってて(笑)で、最終就職の時に他のとこ見てもそんなに良くなかったなぁ…って思ってたら、先生が「だからなんでうちで働かへんねん」みたいな(笑)ありがたいことに私を誘ってくれてたし、お世話になる事にしました。あの時声をかけてくれた事に感謝していて、最初に先生の美容院で働けてほんまに良かったと思っています。

職場も短大の同期が多くて、辛かった時も皆んなで支えあって仕事できたし、学ぶことも多くて楽しかったです。オーナーは私にとってお父さん的な存在です。

へぇ、いいオーナーに出会えて良かったですね。

calmをオープンした時も喜んでくれて、栄光の木をプレゼントしてくれました。この木は今もcalmにとって大切な木です。

独立しようとは思ってたんですか?

独立するつもりはなかったけど、なんとなーく友達と話してたんです。「一から自分でやってみたいなぁ」って。その時は旦那さんにも話してました。そしたら旦那さんが「ほな一人でしたらいいやん」って言ってくれて。そう言ってはくれるんですけど、そんなんできひんわぁ…みたいな気持ちでした。

え!そこから独立するまでの気持ちの動きっていうか、切り替えはどうやって?

独立への気持ちの切り替えは、旦那さんが「とりあえず一年やってあかんかったら辞めたらいいやん」って言ってくれて。あ!そうなんや、みたいな(笑)じゃあ、そうしようって気持ちになりました。独立してみると1年目が大丈夫やったし、それがそのまま続いてます。あかんかったら辞めたらいいかって感じで気楽に始めました。

いざ、やってみるとお店のオープン準備も楽しいし、オープンしてから来て下さるお客さんもめちゃいい人ばっかりやし、楽しくやれました。近所の人が助けてくれて、色んな人を紹介してくれたり、前の勤め先のお客さんも私を訪ねて来てくれるし、それもういい人じゃないですか(笑)今はほとんど紹介で来てくださってます。内装もイメージ通りやし好き。私の理想のカタチが表現できています。

結果、即決即断やし気持ちいいいですね。

決めたら辞められへんタイプなんです。

中学生の時に幼馴染の友達が吹奏楽に入るって言ってたから、音楽とか全然好きじゃないけど、じゃ私も入るわって。で、高校の時もその友達はやめたけど、違う仲良しの友達が入ってて、じゃ入るわって。全然好きでもない吹奏楽を結局6年続けました。なかなか辞める事が出来なかった。

へー。意志が強いというか、決めたらやり続けるんですね。しかし、即決即断。

お客さんとのエピソード

お客さんに対して大切にしてることは?

** 自分も満足すること、お客さんも満足すること、それが一致すること。期待以上のこともしてあげたい。**

わかるけど、それって難しいですよねぇ。

難しいけど、それを考えるのが楽しい!

じゃ、お客さんとの思い出のエピソードは?

影響されすぎててわからへん。ありすぎて思いつかへん(笑)

じゃ、旦那さんとどうやって出会ったんですか?

旦那さんと共通の知り合いの方の紹介です。2年以上彼氏がいなくて出会いも全然なくて、そしたら先輩がそろそろやばいでって言ってきて。はじめは2人とも乗り気じゃなかったけど、会うことにしました。私は尼崎で旦那さんは京都で、車で来るの嫌やって言うてたのに毎回送ってくれたんですよ。それでそのままうまくいってって感じです。

あ、普通に答えてくれた(心の声)
後から旦那にも同じこと聞いてみよ(心の声)

全然タイプじゃなかった。髪の毛がお兄系で尖った靴履いてたし(笑)でも実際は凄い真面目で、そういうところに惹かれました。

ハタラキカタについて

今後のハタラキカタは?

今まで通り自分のペースで、人は雇うことなくやっていきたいです。一対一やから周りを気にする事なくお客さんもお話しできるし、そっちの方がいいし。

私もそうで、勤めてた時になにが嫌かって、私がお客さんと話してる時に他のスタッフに話を聞かれてるのが嫌で(笑)でも、この空間やったら皆さんめっちゃ深いところまで話してくれる。ここまで知っていいんかなって話もしてるし、それがすごく嬉しい。

うん、わかります。凄くわかります。
calmの理想のカタチはどうなりますか?

一軒家で店舗付き住宅にしたい。それは子供のためでもあるんですけど。子供が帰ってきた時に家にいるってことがしたい。うん、帰ってきた時にいてあげたい。私がそうやったからそっちの方がいいなって思ってて。私が「ただいま」って帰った時に親が家にいなかったことがなかったので、そうしてあげたいなぁって思います。

ゆるゆる生きてる感じ

二児のママであり、美容師であり、ひとつの空間を創る個人事業主。元同僚の旦那は置いといて、奥様である悠美子さんとは初めてこういった感じでお話しました。とにかく真っ直ぐ目を見て話してくれる。本人は「ゆるゆる生きてる感じ」って言うけれど、いやいやそんな感じではなく、伝えてくれる言葉はシンプルで力強い。芯があってこそのゆるゆる。そう教えてもらった気がする。ありがとうございました。

次回、好きやから続いてる旦那バージョン。

#尼崎 #整体 #鍼灸 #タイ古式マッサージ #美容師 #エステシャン #ブラジリアンワックス #ネイリスト #セラピスト #ひととなり #働き方 #幸せ #ハッピー #仕事 #好きな仕事

尼崎塚口の整体HARPO⇨ https://seitai-harpo.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

シン

鍼灸師/整体師。路地裏で小さな整体院HARPOを運営中。ホームページはこちら⇨http://seitai-harpo.com「暮らしの小さな支えとなれるように」をコンセプトに療術家としての在り方を日々追求しています。Life is comedy!!

嗚呼、素晴らしきセラピスト人生

尼崎でセラピストとして生きる道を選び、歩む覚悟を決めたオトコとオンナの痛快珍道中。誰にだってキッカケや想いがある。そんなこんなのインタビュー特集。結局は「誰が」という事が大事。誰かに身体を委ねる時、そこになくてはならない信頼関係。セラピスト達の《ひととなり》にフォーカスを当...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。