甘い金平糖

のっぽです。

只今、午前2時24分。
隣には小さな寝息が3つ転がっている。

私はそれを、畳にこぼしてしまった
金平糖をつまみあげるように、
丁寧に耳に運んでいる。

いつもなら、
金平糖を10粒も数えるうちに
夢の国からお迎えが
やってくるのだが、

7日に一度だけは、
そのお迎えがやって来ないのである。

そんな日は
金平糖の甘さに両の耳も飽きてしまう。

******
と、格好付けて言ってみたけども

ただ単に寝付けないだけなんですよね笑

皆さんは、不意に寝付けない時は
いかがされますか?

良い方法があれば教えてください^ ^

#コラム #ショート #詩 #質問


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます喜(^^)/喜
18

のっぽの個展 その4

愛すべき写真たち。また、ことば遊びもしてたり。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。