【日本酒マリアージュレシピ】「七賢 甘酸辛苦渋」×肉詰め椎茸の天ぷら

いよいよ目の前に迫ってきた確定申告を前に、戦々恐々としております。

今日は一日、血眼で領収書を振り分け、入力の嵐。
さすがに今日は日本酒マリアージュレシピお休みにしようかとも思いましたが、毎週月曜日にやると決めたからには、サボるわけにはいかない!!

誰にやれと言われたわけでもないのに、ひたすらやる。
オタク気質全開でGO!!

今回も、「七賢 甘酸辛苦渋(かんさんしんくじゅう)」に合うレシピです。
今をときめく七賢の、地元ロングセラー。

さらっとしながらも、ふっくら旨味のある味わいは、食中酒としてかなり優秀。
お肉にもしっかり合うのです!!

それでは、レシピです。

肉詰め椎茸の天ぷら

【材料】(4人分)
椎茸 …8個
揚げ油 …適量

A豚ひき肉 …100g
A生姜(おろし) …1片分
A片栗粉 …小さじ1
A醤油 …小さじ1/2
A塩 …2つまみ
A白ごま …小さじ1

B薄力粉 …大さじ2
B片栗粉 …大さじ2
B水 …大さじ4

【作り方】
1.椎茸は、軸を手で外す。軸は石づきを落とし、みじん切りにする。

2.Aの材料と、1の椎茸の軸のみじん切りをボウルに入れ、手でよく混ぜる。

3.椎茸の傘に2を詰め、形を整える。


4.Bの材料をボウルに合わせ、3をくぐらせ、170度の油で揚げる。
 (中まで火を通すため、肉の面を中心に挙げると良い。)

小麦粉と片栗粉の衣で、外はサクッと、中はジュワッと。
ジューシーな椎茸と肉の旨味のコンビネーションは最高です。
隠し味のお醤油もポイント。日本酒との相性が良くなります。

合挽き肉だとハンバーグのようになってしまうし、鶏ひき肉だと淡白すぎるし、日本酒のおつまみとしては、豚ひき肉が一番相性が良いように思います。
生姜を加えることで、臭いも気になりませんよ♪

お燗した甘酸辛苦渋と一緒に、是非お楽しみください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!頑張ります!
7

発酵料理家のメモ帳

こちらのマガジンでは、発酵料理や地方食材を使ったレシピや、おすすめ発酵調味料をご紹介していきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。