米良はるか@Readyfor

クラウドファンディング Readyforの代表をしています。「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに、新しいお金の流れをつくることに取り組んでいます。

「女性起業家賞」をいただいたので、女性起業家の現状について考えてみた。

本日ベンチャー大賞の「女性起業家賞」を受賞することができました。毎日悪戦苦闘している私たちがこのような形で評価をいただき、とても嬉しく思っています。女性起業家として評価をいただいていますが、その成果が得られたのは、メンバーのみんな、そしてReadyforをご利用いただいている皆様のおかげなので、本当に感謝しています。

そして個人的には、女性起業家というタイトルから女性が外れて一人の起業家として認

もっとみる

Readyforのnoteがスタートしました!https://blog.readyfor.jp/ 第一弾は落合陽一さんとの対談記事です。イノベーションのために流れるお金について考察しています。ぜひフォローください!

これからREADYFORが目指す世界

変革のなかにいる私たちのこれから

私たちは今、これまでの社会・経済構造が津波のような勢いで押し流される変革のなかにいます。その変化は「第4次産業革命」とも言われています。
私たちは、長い間、労働することを自身のアイデンティティの一つとしていました。しかし、AI革命を中心に人間からロボットへの代替が進んでいく中、生産性が飛躍的に向上し、人間はこれまでのように働かなくても生きていける世界が生まれつつ

もっとみる

ガンの公表から丸一年。初めての資金調達への想いと決意表明。

本日、READYFOR株式会社は、創業以来初めてとなる、増資による資金調達(エクイティファイナンス)を発表させていただきました。

(1)プレスリリース
https://readyfor.jp/corp/news/85
(2)TechCrunch
「サービス開始から7年、READYFORが初の外部調達で目指すのは“資金流通メカニズムのアップデート”」
https://jp.techcrunch.c

もっとみる

病気の時こそ、綺麗でいたい。

化粧する時間があったら、もっと仕事にまわしたら

「米良さんが化粧の時間を削れば、もっと仕事に集中できるじゃないの?」
会社を立ち上げたばかりの頃、メンターにそうからかわれました。
男性から見れば、仕事に集中しなければならない時に、見た目に時間をかけていることは違和感があるのかもしれない?と、そのとき思いました。

先日会社のメンバーからも、米良さんはいつでも化粧も服装もバッチリですが、特に気をつ

もっとみる

病気から復帰して大切にしたい2つの会社観

現場復帰から、もうひと月とちょっと経ちました。
 
1月末から会社復帰し、Readyforの仲間たちとミッションに向かって、奮闘できる喜びを毎日噛み締めています。
おかげさまで、体調も経過観察で異常なく、病気を患う前と何も変わらず過ごすことができています。なんでも食べる!飲める!
 
ただ、私の中では、「会社の在り方」について新しい視点が育ちました。
 
 
1、「人生100年。大切な大切な一人一

もっとみる