絵本について

【2018年12月】重版決定 

https://lineblog.me/harukazechan/archives/1427236.html

【2019年4月15日】みきぐちさんの個展の作品が模写であるという噂がネット上に流れる

【4月27日】みきぐちさんより編集部宛てに、「個人の活動において、写真の模写により著作権法違反の疑惑を持たれている」「ご迷惑をおかけして済みません」という報告が入る

【4月28日】編集部「絵本については少しでも不安に思われるものはないか?」みきぐちさん「少なくても書籍化という部分は意識していましたし、みなさんの意見なども取り入れたり、写真をそのまま写す、模したものは無い。と言わせて下さい」

【4月30日】28日のみきぐちさんの言葉を信じた私が、「絵本は問題ありません」とツイート

【5月5日】しかし、カバーの右上・走る子どもたちの足が、ある写真に似ているのではないかという指摘が、朝日新聞社宛に届く

【5月7日】編集部が「カバーの左下にある上履きがネットにUPされている写真とそっくりである」旨を指摘したツイートを発見

【5月9日】上記を受けて、編集部がみきぐちさんと面談。絵本に掲載したすべてのイラストについて、制作経緯について聞き取り調査を行う

【5月13日】みきぐちさんが模写を認めたため、写真の権利者と連絡が取れ次第、早急に対応を協議する事に

【5月31日】写真の権利者が見つからないため、出版社判断で販売停止に踏み切る

【6月4日】絵本の販売停止を出版社公式ホームページ、春名風花ブログにて発表

https://lineblog.me/harukazechan/archives/1688788.html







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

60

春名風花

18歳になりました(*´˘`*)

コメント2件

お疲れ様です。
とても悲しい。心中お察しします。
イラストについて違反した素材を提供されたこと。それも悔しくて悲しいけど、もっともっと深く傷ついたのは、好きな絵を描く好きな人、信じていた人に嘘をつかれたこと。
風花さんの気持ちを思うと悲しくて涙がでてくる。

悔しいというより、
裏切られたショックが大きい。

しかも大切なプロジェクトで。
風花さん。私は、風花さんは立派だと思う。誰がなんと言おうと。
説明責任をはたしているんだもの。

これから大変なことあると思う。
風花さんの支援するよ。
できることいっぱいするよ。

だから、気をおとさないでね。
ずっとずっと応援します。
早く解決するように祈りながら支えになる応援いっぱい考えて風花さんを支えます。

まず舞台!成功させましょう!!
風花さんの活動を無駄にしない。
応援がんばる!!
風花さん
風花さんと同い年の息子がいます。
息子は中一の時、いじめにあい転校した経験があります。朝日のいじめのコラム 小学生の風花さんの文章だけが私の心に染み込んで来て、ここにわかってくれる人がいるとどれだけ慰められたかわかりません。生涯忘れられない文章です。挿絵の問題は残念なことなんでしょうね?例え風花さんの文章がパクリだとしても、私にとってはどうでもいい事なのです。心が傷ついて渇ききっていた私にとっては·····この文章に出会えた事が、ただただ有難かったから。傷ついてる時 優しい人がいると思うことだけが私にとっては救いです。これからもご活躍心から応援しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。