よしいはるき

きがついたら、ものかきのはしくれ歴17年。写真詩集やフォトエッセイの出版など、詩みたいなエッセイみたいな思いつきみたいな短文を、小さなしあわせを数えながら綴っております。それ以外にも、絵本作品を書いています。

おたから。

要らないもの、 というけれど そのものは だれかの贈り物かもしれない。 くだらないこと、 というけれど そのことは だれかの誇らしい仕事かもしれない。 知らない...

せなかを。

自分を みてくれてないから 寂しくなる。 自分を みてくれてないから 不安になったりする。 背を向けられると そんなさみしさや 不安がよぎったりする。 自分と ...

もったる。

旅荷はできるだけ すくないほうがいい。 持ち物はなるべく もたないでいたい。 手ぶらでいたいし 自由でもいたい。 って思っていたけれど なぜでしょう。 ひとりで...

いっしょ。

ぜんぶ一緒じゃなくても、 ずっと一緒にいられる。

まずやさ。

やさしい、 てのがいい。 だれにでも やさしい てのがいい。 まんべんなく やさしい てのもいい。 だけど みんなにおんなじは ちょいきびしい。 だからまずは ...

そのまま。

そのままでいいよ、 なにもしなくていいよ、 がんばらなくてもいいよ、 っていうコトバは、 そのままじゃなきゃだめだよ、 なにかしちゃだめだよ、 がんばっちゃだめ...