032

FILE 旅を終えて。

 
 風がいろんなものを運んできては、また流れてゆく。
 その風は途切れることなく、ずっとこの惑星を流れつづけている。
 その風を、愛と呼ぶのかなあ。そんなことを、ふと思ってみたりする。

 ねえ、芳明。わたし、わかったよ。すべてを想い出したよ。
 わたしもあなたも地球も風も木々も、みんながつながっているんだね。
 わたしたちは、水のしずくのように、水面から離れて存在しているきらめきの珠にすぎない。宇宙に溶け込むのは、とても簡単なことなんだ。海が雨を待っているように。わたしたちが降りてゆくことを、宇宙はいつだって待っている。宇宙はいつだって受け止めてくれる。
 わたしは、水のひとしずく。わたしは、この惑星のかけら。わたしは、この惑星のすべて。何が欠けても、この宇宙は存在することがないほどに。
 すべてはひとつなのではなくて、すべてでひとつなんだ。
 世界は混迷を望んでいるのかもしれない。もう引き戻すことができないほどに、悪い方へと向かっているかのようにも見える。
 けれど、今、この瞬間に、その軌道を変えることができる。
 例えば誰かが、世界の終末を望んだとしても。例えば誰かが、今日をしあわせに生きることをあきらめてしまっても。例えば誰かが、暗い道でしゃがみ込んでしまっていたとしても。
 それよりも強い想いで、世界のよろこびを創造しつづければいい。
 深い岩盤を通って染み渡った水がやがて湧きいづるように、いのちが産まれ続けるように、創造しつづければいい。世界を喜びで充たすほどの希望を持って。
 たったそれだけのことだよ。
 芳明、わたしは知ってしまった。ううん、思い出したの。この世界のすべてを創りだしているのは、わたしだと。それを思い出して、その真実を認めることは本当に苦しくて、つらいことだった。だって、世界で起きていることのすべてを、自分の責任として引き受けるということなのだから。

 だからこそ、問い続けなければならないと思うの。

「もしも世界を創造するなら、どんな世界を創造しますか?
 あなたの夢がすべて叶うとするならば」

 思い出せばいい。惑星のかけらであることを。そして、この惑星のすべてであることを。
 わたしたちは選択することができる。望むままの世界を。ほんとうに生きたい世界を創ることができる。それを望めば、ね。

 わたしは、ここから歩いてゆく。わたしが調和そのものになって、そのまんまで。すべてを許し、愛し、幸せでありながら、旅をつづけてゆく。
 それが、すべてを満たしてゆくことだと、やっと思い出したから。

 わたしは、惑星のかけらだ☆

 さあ、帰ろう。
 芳明の待つ家へ。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

春名尚子

惑星のかけら 2011

世界が滅びる夢を見つづけてきた少女の旅の物語。 20年ほど前から、すこしずつ書き直しては手を止めて、書き直しては手を止めて。これは2011年3月のバージョン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。