19歳のお葬式

どうしよう。

あと数時間で19歳が終わってしまう。

実際なにも変わらないのは分かっている。何を失うわけでもないし、むしろ得るものの方が多いと思うけど耐えられない喪失感に襲われている。

「ない」という未来が奪われるのだ。それは不可逆でもう二度と戻れない。

今までに同じ気持ちを二度味わったことがある。

初潮とピアスだ。

前者のときに食べた赤飯は本当に味がしなかった。祝われるなんておかしい、やめてほしい、放っておいてほしいと思った。

後者は自分の意思で開けたのにそれでも悲しかった。いや、なんとなく寂しかった。もう戻れないという感覚がぼんやりあった。

ピアスはとても好きだし今では開けたことに後悔してないけど(むしろ増やそうとも思っている)、開けた直後は

「あ〜あ、やっちゃった」

という気持ちに苛まれた。

19歳を失ってしまう。あと数時間で無くなってしまう。そのことが不安で恐ろしくてどうしようもない。

とりあえずまだ19歳の今、どうしても書き残しておきたかった。20歳の私は忘れてしまっているかもしれないから。

今日は19歳のお葬式だな。最後の晩餐くらいは何かいいものでも食べようか。

#19歳 #20歳 #成人 #ピアス #エッセイ #葬式 #誕生日

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

ヒナ

たくさん書きたいという願望だけがあります。よろしくお願いいたします。

フットマーク

思いついたことを滔々と垂れ流します。 文字を溜め込むためのメモだと考えていただけると幸いです。(モンキー・チャッターより長い)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。