春名ヤマメ

文筆家を目指す川魚。ヒトの心理を得意とし、コトの真理に興味を持つ。

すなお、は、むずかしい

「それ、わたしがやりたかったのに!」とか
「わたしのともだちをよこどりしないで!」とか
すなおにいえたら話はもっとかんたんだ。

なにがまちがっているかにも
きがつきやすい。

ところが
ヒトっていうのは
すなおにつたえるのがにがてだから
いろんなりゆうをつけたり
まわりを責めたりして
すなおなきもちを
わざとわかりにくくしてる。

すなおって
じぶんのほんしつだとおもうけど
それをみとめたくない

もっとみる

トラワレとコダワリのちがい

「こだわりのいっぴん」とか
「当店のこだわり」とか、あるよね。
あなたのこだわりは
ほんとうにこだわりなのか、っていうおはなし。

こだわりととらわれは
こんぽん的にちがうものだとおもう。

たとえば
「けっこんしないのもわたしのこだわりなの!」
なんてヒトもいるけど
ほんとかな、って
じーっとみてしまう。

とらわれは
しゅうちゃくとか
とらわれていること以外を排除しよう
とする力をもってる気が

もっとみる

こまったタイプ3:どこにでもいいカオしすぎちゃったヒト

あちゃー、っていうタイプ3を見たんだ。
タイプ3のおおまかなとくちょうはコチラ。

タイプ3はカッコよく見られたいヒト。
でも、やりすぎると
だれにでもいいカオしすぎて
こまったことになるんだ。

タイプ3にとっては
あるばしょでは確かに
Aがいいって思ったんだけど
べつのばしょでは
Bがいいなって思ったの。

いっしょにやってるヒトにとっては
Aだと思ってうごいていると
いつのまにかBのことやっ

もっとみる

おなじじまん話ばかりするヒト

ヒトってやっぱり、じぶんのことを
わかってほしい生き物なんだよね。

のみ会とかで、毎回、
おなじじまん話ばかりするヒト
について考えてみた。

いま、「語ること」のたいせつさが
みなおされている。
語ることでじぶんの経験がコトバになり
きゃっかん的なふりかえりができるってワケ。

のみ会でおなじじまん話ばかりするヒトは
語ってるようで語れてないんだろうな。
のみ会のじまん話は
きゃっかん的なふり

もっとみる

エニアグラムのグループ分け①:センター

9つのタイプについて
かんたんに説明をしてきたけど
まだ自分がどのタイプか
わからないってことあるよね。

エニアグラムには
いくつかのグループ分けがあって
それが自分のタイプを知る
たすけになることがあるよ。

最初におはなしするのは「センター」。
これはものごとを
どこで考えてるか・感じてるか
というおはなし。

考えるのはあたまだし
感じるのはこころでしょって
思うかもしれない。
そうなんだ

もっとみる