虹と、やさしさと

「見て、あっち、すごい空。」

母が指さす方を見ると、ただならぬ雰囲気の黒い雲が遠くの空を覆っている。

「怖い、怖い。降ってくるかな。」

最寄り駅まで、車で10分もかからない。しばらく走ると、また母が言う。

「あ、虹。」

運転席の母の向こうを見ると、青い空と白い雲を背景に、虹の足の部分だけがすっと空から地上へ降りてきていた。いや、地上から空へ伸びているのだろうか。その先は雲の中へと続いていて見ることはできないけれど、久しぶりに目にした鮮やかな配色に心が躍った。

思いがけず虹を見ると、無条件にうれしくなり、その瞬間を記憶に残したいような気持ちに駆られる。

カメラを起動し、何となくシャッターを切ってみる。

少しブレた写真をながめ、本物の虹に目を戻す。

撮った写真自体にあまり意味はなく、写真を撮るという行為が「覚えていよう」という意思を世界に示す、ちょっとした儀式のようなものだった。

「向こうの方は降ってたのかな」

そんな会話を交わしながら、すぐに地元の駅のロータリーに到着した。

「気をつけて」

「またね」

母の声に見送られ、改札をくぐる。

特急券の座席番号に目を落とす。

2号車3D、窓側。

見慣れた電車が上りのホームに滑り込み、何を思うでもなく、乗りこんだ。

平日の夕方で、車内は半分ほど埋まっている。

座席の前まで来ると、通路側にはスーツ姿の男性がリラックスして座っていた。窓側の席にカバンが置いてある。

「すみません」

声をかけ、席を空けてもらう。

座席に深く座り、バッグからお茶と本を取り出す。ほんの少しだけ背もたれを倒すと、電車が走り出した。

車窓の向こうに目をやると、さっきの虹がまだ遠くに見えている。違う角度からも見えたことがうれしくて、またこっそり写真を撮った。

『電車から見えたよ』

簡単なひと言を沿えて、母に写真を送った。

イヤホンを耳に挿し、本を開き、文字に目を走らせる。

30分ほど経ったころ、かすかに声が聞こえた。

隣の男性が通路に立つ年配の男性と話している。特急券を確認し合っているようだ。

(座席の間違いかな。こういうの、たまに見かけるな。)

そう思ってまた本に視線を戻しかけた時、嫌な予感がした。イヤホンを外し、2人のほうを振り返る。

「座席、2Dで合ってますか?」

年配の男性に聞かれ、急いで確認する。私の席は…

やってしまった。1つ後ろに座っていた。

「あ…!すみません!」

あわてて荷物をまとめて立とうとすると、年配の男性はフッとほほえみ

「1つ前ですか?じゃあ私、前でいいですよ。」

そう言ってくれた。

やさしい返答にホッとしつつ、恥ずかしさと申し訳なさで、乗車した時ののんびりした自分を恨めしく思った。

(なんで間違えたんだろう…それより隣の人にもひと言おわびを…)

と、ひとり内心わたわたしていると、

「よくありますよね、こういうこと」

隣のスーツ姿の男性の声が、さわやかに小さく響いた。

ハッとして、初めてその人の顔をまじまじと見る。

同い年くらいだろうか。何だかとてもいい顔つきをしている人だった。騒がせてしまった見知らぬ私に、穏やかな笑顔を向けている。その表情は、私の心を見透かしたかのように「気にすることないですよ」と言っている。それ以上でも以下でもない、純粋なやさしい気遣いがまぶしかった。

彼の笑顔につられ、ちょっと苦笑いで頭を下げ、ひと言だけ言葉を交わした。

恥ずかしさを隠すように、下を向いて本に視線を戻し、考える。

彼のようにさりげないひと言を、逆の立場なら私は言えていただろうか?自分には関係ないことだと、本に目を落としたままだったのではないだろうか?別に、それでも何の問題もなく電車は走る。都会なら、知らん顔をしているのが普通かもしれない。だけど…。

本当は、誰かにやさしい言葉をかけることに、都会とか田舎とか、そんなことは関係ないのに。いつの間に「都会の普通」が私の普通になってしまったんだろう。

やさしい気持ちが編み込まれた言葉は、柔らかくてずっと触っていたくなるボールのようで、思いがけず受け取るとやっぱりうれしかった。

ふと、さっきの虹が頭に浮かぶ。

見知らぬ彼の淡く鮮やかなやさしさを、覚えていようと思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキ、コメント、シェア、全部うれしいです。サポートで頂いたお金はありがたく何か素敵なことに使わせていただきます。

読んでくれてありがとうございます!
24

はるのひ

ある日の記録

日常の中でたまに起きる、忘れたくない一日のこと
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。