見出し画像

抜けた空気は、入れたくなったらまた入れてあげればいいんだよ

昨夜、noteを書き上げてTwitterにアップしてすぐに、ソファでそのまま眠り込んでしまった。2時間弱眠った後に目が覚めて、慌てて携帯で時間を確認してふと気が付く。

あぁ、そうか。明日(今日)は何時に起きてもいいんだ。寝坊してもいいんだった。

そう思うと何故か、唐突に目が覚めてしまった。夜更かししても大丈夫。早起きしなくていいし、明日は気を張ってやらねばならないタスクが何一つない。

何時までにこれをしなきゃ。何時までにここに行かなきゃ。

そういうのが、ない。


本当は、月に一度でもそういう日があれば、きっともっと心にゆとりが産まれるのだと思う。みんな、日々何かに追われている。多分それが、「追っている」のなら楽しいのだろう。でも、「追っている」つもりが「追われている」にすり変わった瞬間、それは何故かきらきらしたものから一転、漬物石のように重たいものへと変貌してしまう。

時計を気にせずに過ごせる時間があれば、逆に分刻みのスケジュールもバリバリこなせたりするのだろう。定期的に感情や疲労をリセットする。その作業は、必要不可欠だと思う。


子どもと接する時も、いつもなるべく穏やかに急かさないようにしたいと心では思う。しかし子育てをしていると、どうしても急かしてしまう場面は出てくる。特に幼稚園、小学校、部活等と「◯◯時までに△△に行かなければならない」という日常が始まると、もうその流れに沿っていかに毎日リズムを崩さず生活出来るかに尽力せざるを得ない。

『はやく!!』

つい言ってしまう、この言葉。使う度に私の心は縮む。多分それは、私が言われたら嫌な言葉だからだ。

私はマルチタスクが苦手だ。何なら、急ぐことが苦手だ。一つのことにゆっくり、じっくりしか取り組めない。同時進行出来なくはないのだが、結果的にどちらも中途半端になってイライラしてしまうのだ。

だから尚更、『はやく』なんて言いたくないし、言われたくない。でも言わなきゃ間に合わない。

遅れちゃう!早く!あれ持ってこれ持って、集合は7時だよ!ほら、はやく!!

バタバタと車に乗り込み、エンジンをかける。そんな毎日が、夏休み中もずっと続いていた。今日の私は空気の抜けた風船のように、しなしなっと萎んで横たわって過ごした。一切の緊張やタスクから解放され、ゆったりとnoteを読んだりTwitterを開いたり、読書をしたり。週末のnoterイベント用の絵本を選ぶ為に、改めて家にある絵本を読み返したりもした。


今日の私の心にジャストフィットだったのが、長男が幼い頃に手にしたこの一冊。

『はやくはやくっていわないで』益田ミリ作

くらべられると どきどきする                           どきどきすると どうなるの

益田ミリさんは、人と比べられた時の気持ちをこう表現している。

どきどきすると ひんやりする                           どきどきすると ちいさくなる

ひんやりする。

この表現に惹かれて、私はこの絵本の購入を決めた。

はやくはやくと急かされて、どうして出来ないの?と比べられて。みんなそれぞれ違うのに一括りにされて、出来ないことを責められた時のあの気持ち。

そう、まさに「ひんやり」なのだ。


要領が悪い自分を肯定するつもりはない。改善に向けて努力することは、どんな場合においても大切なことだと思う。

でも、「やらない」と「やれない」は違う。頑張りたいタイミングも、人によって違う。


子育てに関しても、自身のことに関しても、『はやく!』と叫びたくなること全てを否定するわけではないが、やたらと追い込むような考え方は変えていきたいと思う。

風船の空気は、いつもパンパンである必要なんてない。たまには抜いて萎んでくたりとなっていても良いじゃないか。必要な時にまた踏ん張って、必要なだけ空気を入れてあげれば良いのだ。


頑張り続けることよりも、休める環境を作ること。

例えば絵本を一冊読むだけでも良い。

そういう『抜く』時間を、毎日5分でもいいから取り入れてみて欲しい。心が深呼吸すると、身体も喜ぶ。身体が喜ぶと、心も喜ぶ。

みんなみんな、繋がっているから。


そんな時間を積み重ねていくうちに、漬物石に変わってしまったものが、きっとまた元のきらきらしたものに戻っていく。

風船だって、自ら膨らませたそれは、きっと空高く飛んで何処までも旅をするだろう。

だから大丈夫。


ゆっくりでいい。

ゆっくりいこう。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます。 頂いたサポートは、今後の作品作りの為に使わせて頂きます。 私の作品が少しでもあなたの心に痕を残してくれたなら、こんなにも嬉しいことはありません。

励みになります!本当にありがとうございます☆
54

はる

書くことは呼吸をすることに似ている。 毎日更新継続中。エッセイは育児関連が多め、小説はフィクションとノンフィクションの融合。原体験が軸。 「サバイバーからの伝言」マガジンで自身の経験を元に虐待抑止の発信を執筆中。*プロフ参照 《ブログ》https://harunomama.com

日々、想い事

日々のあれこれ。 子育てのこと、庭のこと、自身のことなど、想うままに綴っていきます。 読んだ人がホッと出来るような空間にしたいです🍀
3つ のマガジンに含まれています

コメント10件

雪江さん、ありがとうございます🍀
お仕事はやはりタスクがいっぱいなので、息つく暇もないことたくさんありますよね。
お仕事も育児もどちらも大変です💦
お互い休憩を取れる時は取りながら、難しい時は夜だけでもゆっくりしたいですね🌛
一伽さん、ありがとうございます🍀
自分のペースを掴めない時ほど、変に焦ってしまう時ありますよね。(>_<)
私は基本的に要領が悪いので、何だかいつもバタバタしてしまいます。
だからこそ、リセット時間が欠かせなくて。余裕がないと子どもにもついピリピリカリカリしてしまうので、そうなる前に適度に息抜きしながらいこう、と自戒も込めて書きました。
一伽さんが少しでもホッとしてくれたなら良かった。(*´ー`*)✨
七海さん、ありがとうございます🍀
私も急かされるのはとても苦手なので、なるべく人のことも急かしたくないな、と思います。
我が子にはついピリピリと急かしてしまうこともあるので、気をつけていきたいなぁと改めて思いました。
深呼吸して一休み。長い時間じゃなくてもいいから、大切ですよね✨
菜の花にスズメさん、ありがとうございます🍀
そんなふうに言って頂けて、とても嬉しいです。(*´ー`*)✨
ついつい急いであれもこれもとしてしまう自分に疲れてしまうことがよくあるので、たまにはただ休む時間も必要だなぁ……って思いながら書きました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。