見出し画像

まだ息継ぎは時々下手くそだけど、とりあえずおにぎりを握ろう

真っ黒な感情に呑まれそうになる時がある。

そのほとんどが、過去に追いかけられている時だ。ひたすらに眠れなくて空を睨みながら朝を迎える。そういう時、手足が変に痺れている。

過去は過去だ。もうとうに過ぎ去ったそれは、ただの記憶に過ぎない。記憶に追いかけられて息切れするだなんてバカげている。そう思いながらも、いざ目の前にその記憶が現れると途端に酸素が薄くなる。

トラウマだとかフラッシュバックだとか言われているけれど、専門用語は経験者以外には伝わりづらい。分かりやすく例えると、フラッシュバックは映画のようなものだ。脳内のスクリーンがすぐ目の前に写し出される。そこに、自分が捨て去りたい記憶のフィルムが容赦なく再生されていく。吐きそうになる。というか、けっこうな割合で吐く。


眠ることへの罪悪感は、だいぶ薄れた。眠ると怒られる。休むと怒られる。生まれつきショートスリーパーの遺伝子を持っていたであろう私は、どんどん眠らない子どもになっていった。

そして今も、あまり眠らない。眠くないわけでも、疲れないわけでもない。自らの心身がよほど安定しているか、心から安心できる場所に居る時ならば、まれに深く眠れる。野生動物のようだ、といつも思う。


牙を剥き出しにして威嚇している時、必ず何かを恐れている。その何かが、過去なのか、現在なのか、未来なのか。分かっているくせに分からないふりをしたくなる。そんな自分が酷く滑稽に感じる。


笑えない。こんな時まで、笑えないよ。


ある心理学者が言っていた。トラウマなんてものは存在しないのだと。感情は己が決めているのだと。

じゃあ私は、自ら傷を掘り返したくて脳内上映会を不定期に行っているのだろうか。私はそれを、思い出すことを望んでいるのだろうか。あのくそみたいに忌まわしい記憶を?


ふざけんな。そんなわけあるか。


思い出したい人なんていない。呪縛からの逃れかたが分からなくて、もがいているだけだ。望んでいるだなんて、そんな残酷な言葉で片付けるのは頼むからやめてくれ。

薬でもカウンセリングでも拭えない、人を愛したからといって消え去ることのない傷痕というものは存在する。少なくとも、私の中には。


だいぶマシにはなった。だいぶ生きやすくなった。それでも痛みがゼロになることはない。


時々こうしてむくりと起き上がる真っ黒いものに、全身を支配されそうになる。息が浅くなり、目の前がぐらりと歪む。


何かに必死にしがみつきたくなる。杭があれば。そこにしがみつくことで、溺れることだけは防げるのに。

それでも、人間には絶対にしがみつきたくない。その先の未来なんて、バカでも分かる。二人同時に溺れる。それだけだ。でもそんなことすら、昔の自分は分かっていなかった。

何人を引きずり込んだだろう。何人を傷付けただろう。後悔なんて言葉で括るのは、あまりにも身勝手だ。


痛いから人を傷付けていいわけなんかないのに。『痛い』を免罪符にして柔いナイフを振り回していた私は、私をぐちゃぐちゃに傷付けた両親と同じだった。あんなふうになりたくない、あの人たちのようにだけはならない、と毎日思っていたのに。『痛い、辛い、悲しい』と喚いてさえいれば、誰かが抱き締めてくれるんじゃないかと何処かで期待していた。


傷付けたことの方が、傷付けられた記憶よりずっと重い。ずっとずっと、骨が軋むようにギシギシとした痛みが私の奥の方で鳴っている。


愛されなかった苦しみと弊害を知って欲しいと思う。でもそれ以上に、それ故に周りに牙を剥く愚かさにも気付いて欲しいと願う。

苦しんだから苦しめるなんて、愚かだ。欲しかったものを与えた方が、100倍幸せになれる。

最初からそれが出来るわけじゃない。だから、練習するんだ。泳ぎ方を少しずつ覚えるみたいに、ゆっくり、ゆっくり。一度覚えたら忘れない。ちゃんと息継ぎをしながら、泳げるようになる。


真っ黒な何かに支配されそうな時も、目の前のガラスのコップを叩き割らなくても生きていけるようになる。自分より弱い何かに痛みをぶつけて、『だって私はもっと痛いから!』なんてバカな言い訳をしなくても生きていけるようになる。


私は泳ぎ方は教えてあげられない。完全な自己流だし、私の泳ぎ方が正解かなんて誰にも分からないから。

それでも此処で、自分勝手に叫ぶんだ。


誰か一人でもいい。私の書いたものを読んで、振り上げた掌を下ろしてくれたら。その掌で、目の前の命と心を抱き締めてくれたら。

泳ぎ方をちゃんと教えてくれる人を、自ら探そうと立ち上がってくれたら。


痛みを痛みで塗り替えないで。優しさで上書きしたら、少しずつ何かが変わっていくから。


感情の全てをコントロールなんて出来ない。人間はロボットじゃない。そこが愛しいんだから。

でもだからこそ、死ぬ気でコントロールすべき感情もあるはずなんだ。


私は断ち切る。呑まれそうになっても。便器に顔を突っ込んで苦い胃液を吐き出そうとも。

それは私の愛しいものたちを、この掌と言葉で傷付けていい理由になんて、絶対にならないから。



今日は息子の試合だ。                                           さぁ、おにぎりを作ろう。

目一杯、走れるように。精一杯、楽しめるように。


お日さまがもうこんなに高い。                       今日も暑くなりそうだ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます。 頂いたサポートは、今後の作品作りの為に使わせて頂きます。 私の作品が少しでもあなたの心に痕を残してくれたなら、こんなにも嬉しいことはありません。

励みになります!本当にありがとうございます☆
48

はる

書くことは呼吸をすることに似ている。 毎日更新継続中。エッセイは育児関連が多め、小説はフィクションとノンフィクションの融合。原体験が軸。 「サバイバーからの伝言」マガジンで自身の経験を元に虐待抑止の発信を執筆中。*プロフ参照 《ブログ》https://harunomama.com

サバイバーからの伝言

虐待被害に合い、生き辛さを感じてもがき苦しむ人たちへ。 私があなた達に伝えたいことは、2つだけ。 『あなたは、悪くない』『生きて』
1つ のマガジンに含まれています

コメント26件

Naonardoさん、ありがとうございます🍀
そうですね、ありますね……それでも、こうして言葉をかけてもらえると本当に救われる思いです。

優しさが温かいです。(*´-`)
一伽さん、ありがとうございます🍀
本当に、いつも寄り添ってくれて、温かい言葉をくれるあなたに救われています。

コントロールしたいとも思うし、出来たら……とも思うけれど。出来ないからしんどいのもまた事実で。
それでも少しずつ、抱えている問題と向き合っていけたらと思います。

私も大好きです!
本当に大好きです。(*´ー`*)
ふゆほたるさん、ありがとうございます🍀
もう……何処まで優しいんですか。(。´Д⊂)
その底無しの優しさに何度救われているか分かりません。

ふゆほたるさんがいてくれて、本当に良かったです✨
幸野さん、ありがとうございます🍀
さすがですね……その曲の中で一番好きな歌詞はそこです。

いつか一緒にカラオケ行けたら、絶対歌って欲しいです。絶対に泣いてしまう気がするけれど。笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。